人気のハワイ島を訪れるなら、成田からコナ国際空港までの直行便を運航するJALをチョイスするのがベスト! 機内での快適な時間を約束する広々としたシートに加え、出発前の空港ラウンジなど、ちょっぴり贅沢な気分が味わえる、日本航空ならではのワンランク上の空の旅をご紹介します。

 

憧れのファーストクラスラウンジを
覗き見!

画像1: 憧れのファーストクラスラウンジを 覗き見!

搭乗前の時間を優雅に過ごすなら、サクララウンジへ。特別な旅の始まりを予感させる洗練されたモダンな空間やゆったりと配置された家具、そしてここでしか味わえない特別なブッフェメニューなど、機内に乗り込む前のくつろぎのひとときを約束する人気のラウンジです。
 

画像2: 憧れのファーストクラスラウンジを 覗き見!

そして今回は、さらにワンランク上の特別空間、ファーストクラスラウンジをチェック!

マイレージプログラムの会員ステータスが上級に達すると利用できるファーストクラスラウンジ。最上級のサービスが受けられるこちらの空間には、サクララウンジにはない上質なおもてなしが用意されています。

 
目の前で握ってくれる寿司バー

ファーストクラスラウンジの中央に位置するダイニングルームで目を引くのが、新鮮な素材をその場で握ってくれる寿司バー。こだわりの食材を週替わりで、3貫セットで提供してくれます。
 

画像: 目の前で握ってくれる寿司バー

寿司バーの隣には、和食にぴったりな日本酒も用意。

 
充実した食事&ドリンク

アルコール類は、「はせがわ酒店」がセレクトした日本酒やマスターオブワインの大橋健一氏とJALワインアドバイザー大越基裕氏がセレクトしたワインセレクションが季節替わりで楽しめます。
 

また料理は、和・洋・中をブッフェスタイルで用意。サクララウンジで絶品と評判のカレーライスは、ファーストクラスラウンジでも味わえます。

 
待ち時間を利用して靴磨き

さらに注目したいのが、シューポリッシュサービス。英国の高級靴メーカー、ジョン ロブ社とのコラボレーションによる靴磨きのサービスが提供されています。

男性のシューズは約15分、女性ものなら約20分程度。専門スタッフの手で磨き抜かれたシューズは見違えるほどの美しさ。軽快な足取りで出発できる嬉しいサービスです。

 

フルフラットシートの
ビジネスクラスで出発

ハワイ島のコナ国際空港までの約7時間の飛行も、JALなら快適。その理由は、エコノミークラスでもシートの左右幅が広めに設計されているからこそ。もちろんビジネスクラスのシートは、フルフラット。大型モニター採用で、エンターテインメントチャンネルも存分に楽しめます。
 

画像: フルフラットシートの ビジネスクラスで出発

広々とした設計のエコノミークラスもおすすめ。

 
機内がリストランテに変身!

機内食は、洋食と和食からチョイス。ビジネスクラスのメニューは、東京・麻布十番「山田チカラ」の山田チカラシェフが監修した和食・洋食を用意。最高の食材と自由な発想を融合したスペシャリテが堪能できます。

またJALワインアドバイザーがセレクトしたアルコール類は、シャンパンをはじめ、ワインや日本酒&焼酎、カクテルやウィスキー、ブランデー&リキュールなど豊富なラインナップ。メニューを見ながらじっくりと選ぶのも空の旅の楽しみの一つです。
 

画像1: 機内がリストランテに変身!

洋食のメインディッシュは、牛フィレステーキのシェリービネガーソース。またサルモレホ スペイン風トマトのスープや前菜の飯蛸のブッタネスカ、鰆のエスカベッシュも絶品。
 

画像2: 機内がリストランテに変身!

デザートは、ココナッツのブランマンジェとベリーのソース。
 

画像3: 機内がリストランテに変身!

和食は、鰆のみぞれ煮、蟹しんじょに加え、豚肉の冷しゃぶやお造りなど、味はもちろん見た目にもこだわったラインナップ。

 
到着後すぐにハワイ島を
満喫できる夜便がおすすめ

成田空港を21時15分に出発するJL770便(時刻は取材時)。コナ国際空港に午前中に到着する夜便なら、到着後、すぐにハワイ島で活動できるので時間を有効に活用できます。
 

画像: 到着後すぐにハワイ島を 満喫できる夜便がおすすめ

機内の夕食後に眠っていたら、すぐに朝食タイム。朝食のクロワッサンのサンドウィッチを食べたら、その後は、待ちに待ったハワイ島が待っています。金曜の夜に出発して火曜に帰国すれば、3連休に+1日でたっぷりとハワイ島でリフレッシュ可能。

オアフ島も魅力的だけど、忙しい日常から解き放たれるならハワイ島がベスト! ぜひJALを利用して、ちょっと優雅な旅を楽しんでみては?

日本航空
http://www.jal.co.jp/

 
Composition:Asaka Ikeda

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.