初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、長崎県を案内していただいたのは、出島の小さなギャラリー「List:」オーナーの松井知子さん。

異国情緒あふれる長崎市の中でも、今だからこそ訪れたいとっておきスポットを案内していただきました。中心部はすべて徒歩圏内、ド・ロ神父記念館や出津教会のある西出津町までは車で1時間ほど。ドライブにも程よい距離です。

 

深い人類愛を体現した
ド・ロ神父を偲ぶ

ド・ロ神父記念館

画像: 写真提供:長崎市教育委員会

写真提供:長崎市教育委員会

フランス人宣教師「マルコ・マリ・ド・ロ神父」の偉業を讃える記念館。1877年に出津の司祭を任されたド・ロ神父は外海(西出津町を含む地域)に住む女性の自立を支援し、産業の発展に貢献。その深い人類愛は、現在も人々の間で語り継がれる。
 

“ながさきサンセットロード” 沿いの丘に位置するので、美しい夕日をめがけて訪れるのもおすすめ。

ド・ロ神父記念館
長崎県長崎市西出津町2633
☎0959-25-1081
営業時間:9:00~17:00
定休日:年末年始

 

ド・ロ神父が設計した
キリスト教信仰の拠点

出津教会堂

世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産である外海の出津集落にある教会。一時は5000人近い信者がいたとされるこの地域のキリスト教信仰の拠点。
 

画像: 出津教会堂

ド・ロ神父が設計しており、屋根が低くフラットな天井と装飾を施さない質素な造りが特徴で、海に面した風の強い立地条件に配慮したものだと考えられている。

出津教会堂
長崎県長崎市西出津町2633
☎0959-25-0012
営業時間:9:00~17:00、日11:00~
定休日:月・年末年始
見学は下記HPから要連絡
http://kyoukaigun.jp/

 

知っておきたい長崎のいろは
基本情報&歴史

画像: 知っておきたい長崎のいろは 基本情報&歴史

基本情報

面積 約4120㎢
人口 約134万人(2018年時点)
県庁所在地 長崎市

 
歴史

1550年に平戸にポルトガル船が初めて入港し、長崎における西欧諸国との交流の歴史が始まった。その後、徳川家康が江戸幕府を開き、1641年には鎖国政策が完成。西洋に唯一開かれた窓口が出島だった。幕末、坂本龍馬は、既に開港していた長崎を見て、維新回天に向け行動を起こそうと影響を受けたと言われている。

 

PROFILE

画像2: 情緒ある長崎でド・ロ神父に思いを馳せる【ローカルと歩く】

松井知子 Tomoko Matsui
「List:」オーナー。つくり手とつかい手を結ぶプロジェクト『ナガサキリンネ』の発足に携わる。

 
●情報は、2018年11月現在のものです。
※本記事内の価格は、すべて税込み価格です。
Photo:Aiko Shibata Text:Lisa Nagamine Illustration:Hikaru Ichijo

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.