プロデューサーの奥山和由さんは、この映画について、「やっと自分の分身と言える映画をプロデュースできました」と語った。20年以上前、奥山さんは故・深作欣二監督の『いつかギラギラする日』や、石井隆監督の『GONIN』などのプロデュースを手掛け、日本のアクション映画にどこか渇いた、スタイリッシュな風を吹き込んだ。

奥山さんが、“100年に一人の天才” と語る村上虹郎さんが主演を演じた映画『銃』。原作は、芥川賞作家・中村文則さんのデビュー作である。安藤サクラさんが主演した『百円の恋』で、日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を受賞した武正晴監督がメガホンを取り、虚無・退廃などを描くフィルム・ノワールの雰囲気を踏襲しながらも、若者の純粋な “青春の揺らめき” を描くことに成功。静かで、切実で、哀しく、でも余韻として希望の光が残るような、懐かしくも新しいアクション映画が誕生した。

 

僕は、俳優というより、
ミュージシャン気質かもしれない

画像1: 僕は、俳優というより、 ミュージシャン気質かもしれない

――ジャンルとしては、アクション映画に分類されると思うのですが、肉体で表現するアクションというより、一人の若者の精神のアクションというか、日常の中に潜む葛藤が丁寧に描かれています。モノクロームの映像に、行間というか余白があって、とても文学的だなと思いました。かなりの意欲作というか、チャレンジングな作品です。最初は、どんな形で村上さんにオファーがいったんですか?

村上:プロデューサーの奥山さんから、直接お話をいただいたんです。奥山さんとは、3年前に東京国際映画祭のときにお会いしました。ちょうどその年末に、「書を捨てよ町へ出よう」という作品で初舞台を踏んだ時に、共演者の方から、「この本に出てくるトオルって、虹郎っぽいんだよね」と言われて渡されたのが、『銃』。読んではいなかったんですが(笑)、奥山さんから、「『銃』のトオルをやってほしい」と言われて、「あ、これは運命だな」って思ったんです。

 
――すごい偶然ですね。

村上:そうなんです。僕は普段から、縁というか巡り会わせみたいなものは、できるだけ大事にしたいと思っていて……。全く別の人が、一つの小説を読んで、僕をイメージしてくれたんだから、断る理由は何もなかった。

映画って、たくさんの人が関わるものだし、大勢の人が心を一つにするためには、求心力のある大人の情熱って必要不可欠なものだと思うんです。奥山さんのように信頼できる人が情熱を持って、「この役を是非」って言ってくださったのは、素直に嬉しかったです。

 
――武監督からは、お芝居について何かアドバイスはありましたか?

村上:それが、全くなかったんです。あとで奥山さんに聞いたところ、僕とリリー(・フランキー)さんに関しては「野放しにしろ!」って指示を出していたらしい(笑)。事前にかなりの鬼監督だと伺っていたので、さぞ怖いんだろうと思っていたら、演出を付けられることがほとんどなくて、拍子抜けしました。

でも、リハーサルは入念だったかな。それも有り難かったですね。僕自身、リハーサルを重ねることであらたに役を掴める瞬間って必ずあるので。

 
――そうやって掴んだトオルとは、どんなキャラクターだったんでしょう?

村上:今回は、とくに奇をてらうこともなく、自分の中では真っすぐ演じたつもりです。『銃』に関して、攻めている部分があるとすれば、観てくださる人に対して、一切サービスをしなかったことですね。

 
――サービスをしなかった?

村上:もしこれが、エンタテインメントを重視するドラマだとしたら、もっと、“こういうふうに顔を動かしたら、こう見えるだろうな” とか、自分の芝居がもたらす作用みたいなものを考えてしまったと思うんです。

テレビって、日常の中にポンって置かれている機械に過ぎないし、いつチャンネルを変えるかもわからない。凝視されない分、表情のインパクトっていうのが大事になってくる。でも、今回は、ただぼんやりと生きている “トオル” という役の生態を僕が覗いているような、そんな感じでした。ただ、“俺はここにいる” “俺はこうやって生活している” っていう、一人の男の普通を提示しただけのような。

 

NEXT≫「人との縁も含め、全ては、出会いの積み重ねなんじゃないかな」

This article is a sponsored article by
''.