名プロデューサーの奥山和由さんが、「自分という精神の生存競争を表現できた、そんな奇跡を感じたのは、『ソナチネ』以来だ」とコメントしたほどの会心作『銃』。

物語の主人公トオルは、雨が降りしきる河原で、思いがけず銃を拾う。やがて銃はトオルの中で、圧倒的な存在感を占めていく――。銃の魅力に捉われ、支配され、徐々にその内面に狂気が満ちていくという難役を、魅力たっぷりに演じた村上さんは、表現の中に滲ませる “影” とは裏腹に、根は陽気な外国人気質。芝居だけでなく、その旅の味わい方も個性的でアーティスティックなのだった。

 
▼前ページはこちら!

 

日本をもっと好きになるために、
海外に行くと言っても過言ではない

――映画『銃』の魅力は、現代の東京に生きる若者の心情をリアルに描きながら、とても古典的で、普遍的で、根源的なテーマを、映像がきっちり掴んでいることです。ほとんどのシーンを敢えてモノクロームにした手法も効いています。

村上:先日、原作者の中村文則さんともお話させてもらったのですが、この作品を書いている時、カミュの「異邦人」や、サルトルの「嘔吐」、あとはドストエフスキーの「罪と罰」を意識していたそうなんです。

銃を手にするという状況は特殊だけれど、“自分は無力ではない” と “自分は無力だ” という感情の間で揺れることは、若い時は誰にでもあることですし、“この閉塞的な世界をどうにか生き抜きたい” と願う、生への無意識の執着を描くことって、いつの時代も普遍的なテーマですよね。

この映画も、誰もがトオルに共感できるわけじゃなくても、“もし自分だったら” と想像するきっかけには、なるんじゃないかと思います。

画像1: 日本をもっと好きになるために、 海外に行くと言っても過言ではない

――村上さんは、たくさんのクリエイターから、今この時代の若者の持つ鬱憤や空洞感、満たされない部分の表現を、託されているような気がします。

村上:ふふふ、満たされていないように見えるんですかね。でも、ここ1年は、ドラマの「この世界の片隅に」の水兵さんみたいに、未来への希望を託される役が増えた気がします。

実は、今回の映画『銃』だって、絶望の中に希望を描いている。トオルは、死の象徴みたいな役ですが、広瀬さんが演じるヨシカワユウコは、原作にない台詞を中村さんが書き下ろしてくださって。彼女が、希望を感じさせてくれる存在になっています。

 
――それに、素顔の村上さんは、ご自分でもおっしゃっていましたが、外国人気質の、陽気なキャラクターですよね。そのギャップにも救われます。

村上:もちろん、自分の中にも一種の “闇” はあります。でも、根はハッピーな人間(笑)。

 

NEXT≫旅先は「その国ならではのカルチャーがある、アジアの国が好きですね」

This article is a sponsored article by
''.