ラグジュアリーな豪邸に暮らすようにステイできるAirbnb(エアビーアンドビー)は、今やバカンスに欠かせない宿泊形態のひとつ。海外セレブたちも利用した、5つ星級のAirbnbを大調査してみました。次回のデスティネーションはここで決まり!?

 

セレーナ・ゴメスが女友達と滞在した
コンシェルジュ付きビーチ・ハウス

セレーナがガールズトリップで訪れたのは、マリブビーチにある4ベッドルームに3.5バスルームの超高級バケーションレンタル。目の前のプライベートビーチ付きで、広〜いウッドデッキテラスに、海が見えるベッドルームやバスルームで開放感溢れる造り。ハウスキーピングサービスからプライベートジェットの手配まで請け負ってくれるコンシェルジュサービスも付いて、宿泊費用は一泊約36万円~。
 

画像: 開放的なオープンキッチンがあるダイニング。白で統一されたスッキリしたインテリアは部屋のインテリアの参考にしたいくらいおしゃれ。 ©︎ja.airbnb.com

開放的なオープンキッチンがあるダイニング。白で統一されたスッキリしたインテリアは部屋のインテリアの参考にしたいくらいおしゃれ。
©︎ja.airbnb.com

画像: こんな場所ならガールズトークも延々弾んでしまいそう(笑)! ©︎ja.airbnb.com

こんな場所ならガールズトークも延々弾んでしまいそう(笑)!
©︎ja.airbnb.com

画像: 目覚めたら海の景色が目の前。そんな最高のビューが眺められるベッドルームにもプライベートデッキ付き。 ©︎ja.airbnb.com

目覚めたら海の景色が目の前。そんな最高のビューが眺められるベッドルームにもプライベートデッキ付き。
©︎ja.airbnb.com

 

リアーナがお忍びステイに選んだのは
カイルアの楽園リゾートハウス

画像: Photo:Splash / アフロ

Photo:Splash / アフロ

コスメライン「Fenty by Rihanna」の売れ行きも絶好調で、年収77億円以上稼いでいるリッチガールのリアーナは、滞在先もやっぱり超セレブ。カイルアのラニカイ・ビーチにある、一泊約71万円以上の「ザ・ポール・ミッチェル・エステート」へ。最大16名泊まれるから、友達のハワイウエディングの際にみんなでワイワイ、なんていう滞在にもってこい!? メインハウスのほかに3つのゲストハウスが。ラグーン付きプールにはジャグジーやカバナもあり、ジムやサウナなど、ホテル顔負けの充実した施設を完備しています。
 

画像: BBQグリルや屋外バスもあるプールエリア。 ©︎ja.airbnb.com

BBQグリルや屋外バスもあるプールエリア。
©︎ja.airbnb.com

画像: キッチン付きのオープンエアスペース。リアーナはここでビーチパーティしたのかしら? ©︎ja.airbnb.com

キッチン付きのオープンエアスペース。リアーナはここでビーチパーティしたのかしら?
©︎ja.airbnb.com

画像: アイランドスタイルのインテリア。 ©︎ja.airbnb.com

アイランドスタイルのインテリア。
©︎ja.airbnb.com

画像: 高い天井にはシーリングファンが。広々としたリビングスペース。 ©︎ja.airbnb.com

高い天井にはシーリングファンが。広々としたリビングスペース。
©︎ja.airbnb.com

画像: こちらがラグーン付きプール。 ©︎ja.airbnb.com

こちらがラグーン付きプール。
©︎ja.airbnb.com

画像: 海を見ながらお昼寝したら気持ち良さそうな、ガーデンスペースの一角。 ©︎ja.airbnb.com

海を見ながらお昼寝したら気持ち良さそうな、ガーデンスペースの一角。
©︎ja.airbnb.com

 
見ているだけで旅心を刺激されてしまうAirbnbの数々。たしかに高いけれど、「大勢で滞在すればひとり当たりの宿泊費はかなりの割安で利用できるからイケるかしら!?」などと、バカンスの妄想が膨らんでしまいます(笑)。次回も引き続き、海外セレブが利用したバケーションレンタルをご紹介したいと思います。

 

▼こちらの記事もチェック!

 

PROFILE

画像: ©Tomoko Meguro

©Tomoko Meguro

出版社OL時代を経て、フリーランスに。著書に、セレブの間でもブームのおしりワークアウトを提唱する、『ヤセたければおしりを鍛えなさい。』(講談社)。ViVi「月刊セレ部」、i-VoCE「ハリウッドセレブの『恋する言葉』」、mi-mollet「セレブ胸キュン☆通信」でも連載中。Withオンライン「教えて! バツイチ先生」ではバツイチにならないための結婚&恋愛指南が大人気。アラフォーバツイチの実態を探るインタビュー連載、「バツイチわらしべ長者」も話題に。

 
Composition:Moyuru Sakai

This article is a sponsored article by
''.