初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、長崎県を案内していただいたのは、陶磁器メーカー「マルヒロ」の三代目社長の馬場匡平さん。

長崎空港からも、長崎市内からも1時間ちょっと。佐賀県との県境にある波佐見町。今、人気沸騰中の「波佐見焼」は、ここで生まれ、そして発展し続けています。波佐見焼を愛する馬場さんに波佐見の魅力を存分に紹介していただきました。

 

ベジタリアンはもちろん、
そうでない人も大満足の
絶品やさい寿司

Vegenigiri @

画像: Vegenigiri @

佐世保で寿司職人をしていた店主が今年オープンしたやさい寿司の店。波佐見町を中心に長崎県産の新鮮な野菜や、こだわりの調味料を使ったベジにぎり(1貫¥150)をいただくことができる。
 

塩とわさびで食べるかぼちゃ、自家製和風ドレッシング味のトマトなど、ひとつひとつが唯一無二の味付け! テイクアウトのみの営業なので宿泊先で楽しむのもおすすめ。
 

Vegenigiri @(ベジニギリアット)
長崎県東彼杵郡波佐見町宿郷900-2
☎090-5920-0195
営業時間:11:00~19:00
定休日:月~金

 

新鮮な食材は、地産地消!

農産物直売所 どろんこの里

その日に採れた新鮮な野菜を中心に「今、一番美味しい農産物」が見つかる直売所。フルーツも豊富でスーパーよりもずいぶんと安く手に入るのも人気の秘密。
 

画像: 旬の野菜やフルーツが所狭しと並ぶ。

旬の野菜やフルーツが所狭しと並ぶ。

魚介類や卵、今晩のおかずになる惣菜類、基本的な調味料から花や野菜の種や切り花まで、とにかく何でも揃うため、地元のお母さんたちがふだんの買い物として訪れる。波佐見町とその周辺の特産物が一目瞭然だ。
 

農産物直売所 どろんこの里
長崎県東彼杵郡波佐見町宿郷893-1
☎0956-85-7211
営業時間:8:00~18:00
定休日:年始

 

とっておき宮城土産

鬼木の台所かりんとう

画像: 鬼木の台所かりんとう

鬼木加工センターでは豊かな自然に恵まれた波佐見町で育った地元の農産物を使い、農家の主婦の方々が手作りの食品を販売している。地元のさつま芋を生地に練りこんでつくったかりんとうは、砂糖控えめで、自然の甘みと素朴な味わい。どろんこの里でも購入できる。¥300。/鬼木加工センター ☎0956-85-7416

 

PROFILE

画像4: 長崎・波佐見の新鮮野菜を直売所&やさい寿司でチェック【ローカルと歩く】

馬場匡平 Kyohei Baba
長崎県の工芸品“波佐見焼”の食器や雑貨を企画する陶磁器メーカー「マルヒロ」の三代目社長。

 
●情報は、2018年11月現在のものです。
※本記事内の価格は、すべて税込み価格です。
Photo:Aiko Shibata、Toru Oshima(お土産) Text:Lisa Nagamine Illustration:Hikaru Ichijo

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.