こんにちは、noriです。マンハッタンでは、ファーマーズマーケットがイーストビレッジとユニオンスクエアで毎週開かれています。今回は、そんなファーマーズマーケット事情をご紹介。

 

新鮮で美味しくて楽しい!
ファーマーズマーケット

マーケットでは新鮮なオーガニック野菜やフルーツ、卵やパンやチーズ、魚が手に入るので、年齢層問わず様々な方がお買い物をしています。
 

オーガニックの絶品ブレッドがずらり

私は毎週日曜にご近所のファーマーズマーケットを訪れているのですが、売っている方々は気さくなアメリカ人が多くて、いつも明るく話しかけてくれます。ときには、日本語で挨拶されることも(笑)。
 

ハーブも種類が豊富!

日本では手に入りにくいケールやビーツも並んでおり、夏はとれたてのトマトやトウモロコシなどの野菜もありました。とくにトマトは青臭い匂いがするようなタイプが多く、子供の頃を思い出させる懐かしい味です。
 

すべて量り売りなので、一人分でも大人数でも気軽に買えるのが魅力。とっても便利ですよ!

East Village, Tompkins square park
(イーストビレッジ トンプキンス・スクエア前)
開催:毎週日曜日

 

マーケットで見つけた
お気に入りのアイスティー

続いては、ユニオンスクエアパークで行われるファーマーズマーケット。ヘルシー志向のニューヨーカーもフルーツ好き。ピーチなどの果物がたくさん並びます。
 

とくにお気に入りは、このお店のアイスティー。ナチュラルな材料を使っていてとても美味しく、私はハーブ入りが大好きでおすすめです!

毎回マーケットに来ているとは限らないので、見つけるとラッキーと思ってしまうほど(笑)。ぜひNYに来たら、見つけてみてくださいね。

Union Square park
(ユニオンスクエアパーク)
開催:週に複数回

 

PROFILE

nori
マニキュアリスト。モード誌を中心に日本で活躍後、2016年より渡米。現在はNYと東京に拠点をもち、雑誌や広告ビジュアルのネイルを担当。

 

▼こちらのブログもチェック!

This article is a sponsored article by
''.