家族とは何か――。第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを受賞した『万引き家族』、この夏放送され高視聴率を記録したドラマ「義母と娘のブルース」など、平成最後の年、一筋縄でいかない “家族の形” を描いた作品に注目が集まっている。

昨年、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」で、昭和という時代を象徴するようなひたむきに生きる女性を演じた有村さんが、映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』で演じたのは、夫の死をきっかけに、連れ子とともに夫の故郷・鹿児島で運転士として生きるシングルマザー・晶。人生を鉄道になぞらえて描いた『RAILWAYS』シリーズ最新作は、鹿児島を舞台にした、血縁関係のない家族の “再生の物語” だ。

 

辛いことを乗り越えるとき、
支えになるのは、“言葉”

画像1: 辛いことを乗り越えるとき、 支えになるのは、“言葉”

――有村さん演じる晶と、亡くなった夫・修平との連れ子・駿也、夫の故郷である鹿児島で運転士として働く義父の節夫。その3人の心の移り変わりがとても丁寧に描かれていて、見終わった後に心が温かくなりました。晶を演じる上で、特に難しかったのはどんなところですか?

有村:晶という役の情報が少なかったことです。修ちゃん(修平)が亡くなる前、晶とどんな風な夫婦だったのか、出会う前の二人はどんな生活を送っていたのかとか。映画のストーリー自体は、修ちゃんが亡くなってから動いていくので、晶というキャラクターをしっかり掴むためには、私自身が晶の過去を作っていく作業が必要だなと思いました。

晶は、親に愛されずに育って、自立することに精一杯で、家族がどんなものか、よくわかっていなかった。でも、修ちゃんと出会って愛をもらったことによって、自分が豊かになっていった。見ず知らずの場所で駿也のために「運転士になる」と決めたことは、大胆な行為のように見えて、晶が修ちゃんによって “再生” させてもらった過去があったからこそ、できた決断だったと思うんです。

決して “よくある話” ではないので、晶の一つ一つの言動に説得力を持たせる必要があって、そこは難しかったです。ただ、後半は、3人が自然と家族らしく支え合っていくようになるので、演じながらグッとくるところもありました。國村(隼)さん演じる節夫さんの言葉が、晶というキャラクターを通して、私自身にもダイレクトに伝わってくるものがありました。

  
――駿也役の歸山竜成くん、節夫役の國村隼さんとの共演はいかがでしたか? 

有村:竜成君は、 “作品” を作るということの意味を理解して、すごく自分のやるべきことを一生懸命頑張っていたんです。集中力を切らさないように、無駄口は、一切しなかったですし、「寒い」「疲れた」「眠い」など、そういう弱音も吐かなかった。常に駿也として、一人の俳優としてそこにいてくれたので、頼もしかったです。それを見て、「この子のために頑張りたい」と思いました。

國村さんは以前(2013年)、「スターマン・この星の恋」というドラマで共演していたんですが、どちらも宇宙人の設定だったので、「人間としてやっと会えましたね」と(笑)。

もの凄く厚みのあるお芝居をなさる方で、「どうしたらこんなお芝居ができるんだろう?」と。國村さんが元々持っている人間の深みがもろに出ていて、対峙するたびに毎回なんか……ボコボコにされましたね(笑)。ボクシングだったら、もう何回ノックアウトされたかわかりません(笑)。自分に足りないものを痛感しました。声色とかトーンだけで感情や真意が伝わってくる気がするんです。だから、言葉の通じない海外の映画でも存在感を出せるんだろうなって、すごく納得しました。

 
――有村さんが、今回晶という役を演じて、あらためて気づかされたことがあるとすれば何ですか?

有村:物事が思い通りには進まなかったり、信頼している人と手を取り合って走り出してみたものの、躓いてしまったりすることは、誰もが長い人生、あると思うんです。でも、その都度立ち上がれるのが人間なのかなって思いました。

人は、弱いようで弱くない。誰もが、きっかけさえ掴めば、立ち上がれる強さを持っているということでしょうか。あとは、人間は柔軟だということ。どんな見ず知らずの環境に置かれても、その場所に馴染み、そこの人になっていける。逆風の中でも、強く生きていけるということです。

 

NEXT≫「女優になる夢を諦めかけたことがありました」

This article is a sponsored article by
''.