ダイエットを研究し続けてきた予防医学研究者の石川さんが辿り着いた、リバウンド知らずのダイエット法 “舌トレ” 。ここでは、舌トレの極意である旨味を活かした簡単レシピをご紹介します。

 
▼「舌トレ」についてはコチラ!

 

料理をしなくなったのも
現代人が太る理由の一つ。

「昔は井戸水を汲み、畑に野菜を採りに行き、カマドの火をおこすところから、調理は始まりました。そこまでやらなくても、食材を買い出し、調理して、片付けるという一連の流れは結構な運動です」

安静時と比べると、食料品の買い物時のカロリー消費は2.3倍、台所での調理は3.3倍にもなる。料理をしないのは、運動の機会をみすみす逃しているようなものだ。

料理で動かなくなったうえに、余った時間でテレビやスマホを観ながら間食をしていたら、太るに決まっている。

「合計10万人ほどをおよそ25年間追跡したデータを分析したハーバード大学の研究でも、料理をする人は体重が増えにくいという結論が出ています」

 
痩せたいなら、料理を作る機会を少しでも増やしたい。どうせ作るなら、舌トレに有効な旨味を効かせた嚙み応えのあるものがいい。

石川さんのおすすめは、スープとサラダ。

「外食でどうしても摂りにくいのは野菜。野菜は嚙み応えがあり、低カロリーでビタミンやミネラルが豊富なので、うちで野菜たっぷりのスープとサラダを作ってください。スープとサラダさえあれば、それ以上品数を増やさなくても一汁一菜で十分。飽きないように和食、洋食、エスニックと、野菜を美味しく食べる技術を身につけるとよいでしょう」

料理をするのが楽しくなった頃には、二度と太らない体質に変身しているに違いない。

 

NEXT≫「まずはスープとサラダ。簡単!舌トレレシピ」

This article is a sponsored article by
''.