「沖縄に行くなら、太陽が眩しくきらめく夏!」そう思っている人は多いはず。もちろん春から秋にかけての沖縄は魅力たっぷりですが、実は冬にこそ行くべき理由があったんです。

今回訪れたのは、沖縄県の石垣島からフェリーでわずか10分。古き良き沖縄の原風景が残る集落と “竹富ブルー” と称されるコバルトブルーの美しい海、のんびりとした島時間が魅力の離島「竹富島」。

圧倒的な非日常感に包まれるラグジュアリーリゾート「星のや竹富島」で、島ならではの食文化を学びつつ、冬の竹富島だから味わえる新しい美食「島テロワール」を堪能しました。

【目次】
1.「テロワール」とは?
2.星のや竹富島で「島テロワール」を堪能
3.メイン料理やデザートを紹介

 

冬の竹富島だからこそ
表現できるテロワール

画像1: 冬の竹富島だからこそ 表現できるテロワール

「テロワール(Terroir)」とは、“土地” を意味するフランス語の “Terre” から派生し、フランスで生まれた概念のこと。ワインやコーヒー、お茶などの農作物を育てる際に影響する、土壌や地形といった土地、天候、歴史、人、文化などの特徴をいう言葉です。これらのさまざまな要素が総合的に組み合わさってテロワールが存在し、農作物の品質が決まり、個性を与えると言われています。

周囲9㎞ほどの小さな竹富島には、竹富島にしかないテロワールがあります。竹富島の年間平均気温は24度。夏でも30~31度程度と1年間の気温の変化が小さく、年間を通して温暖な気候で育つ島の食材は、本州とは異なるサイクルで旬を迎えます。
 

画像2: 冬の竹富島だからこそ 表現できるテロワール

その1つが車海老です。車海老の育成には、竹富島の気温がもたらす海水温が最適と言われていて、甘みが強いものが育ちます。
 

本州では春から夏が旬とされるハーブも、島では冬に旬を迎える食材。医者のいなかった時代に、島民の健康を支えてきた島特有のハーブは “命草(ぬちぐさ)” と呼ばれ、今なお島の人々に愛されています。
 

画像3: 冬の竹富島だからこそ 表現できるテロワール

珊瑚が隆起してできた竹富島は、元々農作物が育ちにくい環境ですが、貴重な土を使って農業も営まれ、かつては芋が島民の主食でした。そんな竹富島最大の祭事が、五穀豊穣を願って秋に行われる「種子取祭(タナドゥイ)」。秋に植え冬に収穫する芋が一番美味しいと言われています。
 

星のや竹富島では、島のおじいから手ほどきを受けながら、施設の畑で芋を栽培し、島独自の畑文化を継承しています。
 

画像4: 冬の竹富島だからこそ 表現できるテロワール

竹富島で採れる特有の芋は、白、橙、紫の3種類あり、かつては主食として島民の生活を支えていました。芋は “ンヌイ(握り飯)” にし、ツルはおひたしにして食べられていたそう。
 

沖縄の原風景や独特の文化が、今なお色濃く残る背景には、「みんなで協力することこそ優れていて賢い」という意味の「うつぐみの精神」や、1986年に制定された島を守るための5つの基本理念をはじめとする島の伝統文化を大切にする精神が謳われた「竹富島憲章」が。竹富島の島民の中には、島の伝統と自然を守る強い信念が代々根付いています。

そんな島の特徴的なテロワールで育った食材が旬を迎える冬限定の、星のや竹富島の料理コンセプトが「島テロワール」です。
※島テロワールのディナーコースは、2018年 12月10日~2019 年3月3日の期間限定。

 

NEXT≫「島テロワールのディナーがスタート!」

This article is a sponsored article by
''.