あの人のところに通うと、めちゃくちゃカラダが変わるらしい!と、巷で話題沸騰中のトレーナー5人。とはいえ、あれもこれも、は続かないので、5人それぞれからこっそり教えてもらったのが、「絶対結果が出る自宅トレTOP3」。

今回は、クロスフィットトレーナー・AYAさんの筋肉を鍛える無酸素運動×体脂肪を燃やす有酸素運動のベストミックス・エクササイズをご紹介します。

 

時間で追い込み、
自分史上最高ボディへ。

いまもっとも高い人気を誇るトレーナーといえば、やはりAYAさん。女性はもちろん、男性も憧れるソリッドでカッコいいそのボディラインを作っているのは、アメリカ発の高強度のトレーニングメソッド《クロスフィット》だ。

「クロスフィットの特徴は、有酸素運動と無酸素運動をミックスすること。有酸素運動で酸素を介して無駄な体脂肪を燃焼させながら、無酸素運動の筋トレで美しい筋肉を作り上げます。両方やるのはハードですが、ハードだからこそ体は絶対に変わる。楽して痩せたり、くびれたりするなんてあり得ない。ハードに鍛えて確実に結果を出す。それがAYAトレです」

クロスフィットをベースにしたAYAトレを効かせるコツは、ダラダラやらないで、短時間に集中して力を出し切ること。スマホのストップウォッチ機能などを使い、所要時間を計測。正しいフォームを守りながら、できるだけ短時間に所定の回数がこなせるように頑張ろう。

今回はAYAトレの豊富なバリエーションから、有酸素運動とそれに加える3種類の筋トレを厳選。まずはAYAトレの基本ルールと、有酸素運動と筋トレの正しいやり方をマスターしよう。

 
1セッション5分、
最低週3回ペースで続けて

セッション前半の有酸素運動は、インドアで手軽に行えるバーピー。

後半の筋トレはわずか3種類で、下半身、体幹、上半身をくまなく鍛える。Vシットアップとスーパーマン・プッシュアップがちょっと手強く感じたら、それぞれ初心者向けに用意したエクササイズからチャレンジしてみよう。この前半+後半を2〜3ラウンド繰り返す。

「大切なのは途中で休まないで、つねに息が上がった状態を保ってノンストップで続けること。汗を拭いたり、水を飲んだりするくらいはOKですが、息が落ち着いてから次の種目に移るのはナシ。より短い時間で2〜3ラウンド終えることを目標にしてください」

所要時間が短くなったら自分のフィットネスレベルが上がった証拠。体型も自然に絞れてくるはず。

「2〜3ラウンド終えるのに5分ほど。朝やると一日中代謝が上がった状態でいられてボディメイクに有利なので、朝10分だけ早起きして日々の習慣にしてください。毎日やるのがベスト。最低週3回はやりましょう!」
  

AYAトレの基本ルール

  • 有酸素運動と無酸素運動を組み合わせる
    脂肪を燃やす有酸素運動に続いて、筋肉を育てる無酸素運動(筋トレ)を行う。
  • 息が上がったままでエクササイズを続ける
    息が上がった状態で体を動かし続けるから、体力レベルも代謝も上げられる。
  • 正しいフォームをしっかり守る
    フォームが崩れると効果ナシ。フォームが身につくまで速くやろうとしない。
  • タオル、水、ストップウォッチを用意する
    汗をかくのでタオルと水分は必須。タイムが測れる時計やスマホも準備する。
  • 動きを妨げないウエアとシューズで行う
    激しく動いてもストレスにならないフィット感のあるウエアとシューズで。
  • 体重は気にしない
    筋肉で体重が増えることもあるので、体重計の数字を気にしすぎるのは無意味。

 

NEXT≫「息を弾ませて無駄な体脂肪を燃焼させる」

This article is a sponsored article by
''.