出演者はたった3人――。かつて不倫関係にあった男女が再び出会う夜。未練と罪悪感の狭間で繰り広げられる男女の会話は、やがて、登場人物の間に溝となって横たわる “社会” そのものを浮き彫りにしてゆく。新国立劇場の芸術監督の小川絵梨子さんが、就任後初めて自ら演出を手掛ける『スカイライト』。かつ、ロンドンのナショナル・シアターで、キャリー・マリガンが演じたキラ役に挑戦する蒼井優さんと、キラの不倫相手の息子・エドワードを演じる葉山奨之さんに、舞台についての話を聞いた。

 

人気者になるよりも、
「あれ、あいつ、まだいるの?」
みたいな存在でいいです(葉山)

画像1: 人気者になるよりも、 「あれ、あいつ、まだいるの?」 みたいな存在でいいです(葉山)

――『スカイライト』にご出演が決まった経緯を聞かせてください。

蒼井:3年前、ナショナル・シアター・ライヴで初めてこの作品を観ました。その時は、シンプルに、すごく面白いなと思いました。ちょうど、今回の演出を担当される小川絵梨子さんと『スポケーンの左手』という作品をやっている最中で。共演していた中嶋しゅうさん(※2017年逝去)が、日本で上演するなら、「キラ役は、優ちゃんがいいと思う」って言っていただいて。その時、「もしそれが実現するなら、エドワード役は葉山くんがいいなぁ」と思ったんです。

しゅうさんは、(キラの不倫相手でエドワードの父親の)トムをやりたかったはずで(笑)。運良く、小川さんの演出で、『スカイライト』を上演できることになって、小川さんとも、「きっと、しゅうさんはトムをやりたかったんだろうなぁ」って話したりしています。

 
――いいお話ですね。いろんな人の、「こうなったらいい」という希望が繋がって、今回結実するという……。葉山さんは、この舞台のオファーが来た時、どう思ったんですか? 

葉山:最初にこの話を伺ったのは結構前……確か、2年くらい前だったと思います。その頃、僕、舞台は2回経験していて、どっちもすごく苦しかったんですよ(苦笑)。そこから、舞台には苦手意識があって。今回もすごく不安だったんですが、今は優さんにも、小川さんにも、浅野(雅博)さんにも、家族みたいな感じで接してもらっていて、毎日が楽しくて仕方ないです。みんなが一つの作品を作ることの楽しさを実感しているところです。

 
――最初の頃の舞台は、どうしてそんなに苦しかったんだと思いますか?

蒼井:私、それは何となくわかります。自分がまだ舞台をやるようになって2〜3作目の頃のことを思うと、右も左もわからなくて、お稽古も本番も緊張感がありすぎて、苦しいぐらい、自分にプレッシャーをかけてしまっていたから。でも舞台って、徐々に楽しさがわかってくるものだと思う。だから(葉山)奨之が、舞台に対して慣れることができずに、苦手意識の中で、「舞台もういいや」ってなる前に、小川さんと組んでほしかったんです。

 
――葉山さんに対する愛情が深いですね。そもそもお二人は、どこで知り合ったんですか?

蒼井:『アズミ・ハルコは行方不明』(※松居大悟 監督)という映画で。

葉山:撮影当時(2015年)、僕まだ19歳でした。

蒼井:そのチームが、監督もスタッフも出演者もプロデューサーも、とにかくみんな仲良くて。

葉山:その時に色々お世話になって以来、僕は、優ちゃんを完全にお母さんだと思ってます(笑)。

蒼井:あと、舞台では、奨之も私も中嶋しゅうさんと接点があって。しゅうさんがお父さんで、私たちがきょうだいみたいなところもあります。

 

NEXT≫「蒼井さんから見た、葉山さんの魅力は?」

This article is a sponsored article by
''.