蒼井優さんと葉山奨之さんが共演する『スカイライト』の舞台はロンドン。ロンドンは、葉山さんが10代の時に初めて降り立った異国の地だという。葉山さんの最近の旅の思い出は、仕事で出かけたフィンランド、そこで見たオーロラ。一方の蒼井さんは、高畑充希さんと出かけたサンフランシスコで、新しい旅の楽しみ方を開発していた。

 

▼前ページはこちら!

 

サンフランシスコの空気を
吸いながら、高畑充希ちゃんと
ひたすら編み物を(蒼井)

――最近のお二人の旅事情について聞かせてください。

蒼井:この間どこか行きたいって言ってなかった? ロンドン? ニューヨークだっけ?

葉山:ニューヨークかな? 僕、ニューヨーク、好きなんです。19歳の時に、一人旅をしようと思い立って、一人で飛行機も宿も全部手配して、ロンドン、パリ、あとベルギーのブリュッセルを周りました。それがすごく面白くて、以来、1年に1回は一人で海外に行くって決めてるんですけど、実際はなかなか実現できない。でも、ニューヨークは一人で行ったことがあります。好きな街です。

蒼井:一人旅って、何するの?

葉山:何するって言っても、そもそも何も決めないから……。

蒼井:宿は?

葉山:宿は、空港で決めます。女の人は、そういうの怖いって思うかもしれないけど。空港に降り立ったら、「右かな」とか直感で動きながら、ケータイで宿を探して。ただ、一人旅は楽しいんですけど、すごいもの見ると、誰かと感動を共有したくなるじゃないですか。それができないから、独り言がものすごく多くなります。

画像1: サンフランシスコの空気を 吸いながら、高畑充希ちゃんと ひたすら編み物を(蒼井)

――じゃあ最近は、誰かと一緒の旅でもいいかなと?

葉山:最近は、どこにも行けてないです。海外は、この前仕事で行ったフィンランドが最後かな。一瞬だけでしたけど、オーロラを見ました。

蒼井:いいなぁ、オーロラ見てみたい。

葉山:現地には、オーロラがくるぞ、って教えてくれる人がいるんです。

蒼井:オーロラ予報士?

葉山:いや、僕は、“オーロラ屋さん” って呼んでるんですけど(笑)。寒い中、何時間も外で待たされるんです。「まだかなまだかな」って言ってたら、オーロラ屋さんが、何か機械みたいなのを持って、「オーロラがくるぞー」って叫ぶ。「あと1分でくる」って。そうするとみんな一斉に黙って、本当に1分ぐらいすると見えるんです。

蒼井:綺麗だった?

葉山:めっちゃ綺麗でした。でも、冷凍庫より寒い場所にいたので、鼻水も凍るし、瞼も凍るしで、見た後ソッコー帰りたくなって。本当は、あったかい車の中とかで見たかったです(笑)。でも、オーロラ以外にも、フィンランド、よかったですよ。日本より治安がよくて、向こうで友達もできました。いまだに連絡してくれるんです。だから僕も頑張って、英語でメールを返してます。単語調べながら。

 
――葉山さんは、どこにいても友達ができそうですね。

蒼井:垣根がないからね。

 

NEXT≫「蒼井優がサンフランシスコで大量に購入したものとは?」

This article is a sponsored article by
''.