3000人にもおよぶ指名手配犯の顔を覚え、その顔だけを頼りに犯人を追う刑事 “見当たり捜査員”。想像するだけで気が遠くなりそうな捜査に挑む男の役に、玉木宏さんが挑むことになった。

原作は、芥川賞作家・羽田圭介の唯一の警察小説で、羽田作品の連続ドラマ化は初めて。監督に武正晴、脚本には足立紳と、映画『百円の恋』で日本アカデミー賞を沸かせたコンビが手掛ける。見当たり捜査という、従来の刑事ドラマとは一線を画す濃密な物語をどのように描いていくのだろうか。

 

枠は連続ドラマですが、
長編映画のつもりで撮りました

画像: ジャケット ¥314000、パンツ ¥113000、タートルニット ¥114000/すべてゼニア カスタマーサービス(Ermenegildo Zegna) ☎03-5114-5300

ジャケット ¥314000、パンツ ¥113000、タートルニット ¥114000/すべてゼニア カスタマーサービス(Ermenegildo Zegna) ☎03-5114-5300

――今回の作品に出演するにあたり、最初の印象はいかがでしたか?

玉木:原作を読ませていただいて、見当たり捜査というものを初めて知りました。そこから脚本を読んだのですが……本当に大変な仕事だと思います。

ドラマはフィクションとノンフィクションのちょうど間にあるような作品になっていて、白戸崇正という役も実像を見ているのか虚像を見ているのかわからなくなっているような人物。派手さはないけれど、刑事でありながら葛藤している一人の男の話だと思いました。その主軸を大事に演じられたら、と思って臨みましたね。

 
――WOWOW連続ドラマWの主演は初めてとなるそうですが、意気込みはいかがですか?

玉木:WOWOWのドラマだからこうしよう、という考えがあったわけではないですが、映画的なものを撮るドラマの枠という意識はありました。なので、ある意味、すごくチャレンジングな部分もある。監督も映画監督の武(正晴)さんですし、新しいものになるのではないかという予感はありましたね。

 
――実際に撮影に入られてみて、これまでのドラマとの違いは体感されましたか?

玉木:カット割りをはじめ、武監督の撮り進め方が全然違っていて、枠はドラマですが、長編映画のつもりで撮ります、と最初からおっしゃられていたので、そのつもりで臨みました。

 
――ストーリーや世界観の魅力はどんなところにあると感じましたか?

玉木:見当たり捜査というものは認知されていないですが、実際にこうやって活動して逮捕されている例もたくさんあるんです。単純にそこを知って、楽しんでもらいたいということもあるし、これほどきつい職業なんだ、ということも知ってほしい。

一見、正義として強い権力を持っているように見えるけど、蓋を開ければ一人の人間で、男で、女で……ほかの職業と同じように、悩みながらやっている。本当に地に足のついた作品だと思います。

刑事ドラマと言われるとどうしても、“一件落着” 的なイメージがありますが、この作品はサスペンス要素もありながらそうではない。そこがリアリティだと思います。

 
――役へのアプローチはどのようにされましたか?

玉木:読んで解釈したことは、いつでも孤独。当然、仲間が居たり、恋人が居たりするのですが、仕事で感じた悩みやストレスをうまく吐き出せない人間だと思ったんです。後輩もいるから、仕事的なことでやり方は教えるのですが、自分の悩みを打ち明ける人はいないんです。

人付き合いも上手か下手かで言うと、下手。刑事としては中堅どころかも知れないけれど、彼の不器用さがベースになってくる。そこは大切にしました。刑事という仕事はしているけれど、普通の成人男性の話だと僕は思っています。
 

画像: 枠は連続ドラマですが、 長編映画のつもりで撮りました

――白戸は職業に没頭するあまり “顔の海に溺れてしまう” ような描写がありましたね。

玉木:理解はできます。仕事とプライベートの境目がなくなって、人の顔を見ると「指名手配犯じゃないか」と考えてしまう。仕事が終わっても、外に居れば人の顔は当然、見てしまうわけで。結局、顔を見てしまって、顔の海に溺れてしまうんですよね。

 
――実際に “顔を覚える” 作業はしてみましたか?

玉木:撮影シーンでもカルタ取りのように顔を覚える場面があったので、少しやってみましたが……すぐには覚えられないですね(笑)。

 
――役作りのために実践したことはありあますか?

玉木:役作りといえるような役作りはあまり事前にしないタイプなんです。現場によって、監督さんが違ったり、スタッフさんや周りの人が違えば、自然と違うものが出てくるだろう、と。最近、特にそういうことが起きている感覚があるので、現場に身を任せています。

監督から、「ああしたい」「こうしたい」という言葉があれば、できるかどうかはわからないけれど「わかりました」とすぐに言える状態に自分をしておきたいと常に思っていました。

 

NEXT≫「“食べること” は、生きること」

This article is a sponsored article by
''.