2018年は3本の映画出演などのほか、映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』でクリス・プラットが演じる主人公オーウェンの日本語吹替をするなど、華々しい活躍を続けている玉木宏さん。今回のドラマで挑む役どころは“見当たり捜査員”という、3000人もの指名手配犯の顔を覚えて、街に繰り出して逮捕するという刑事だ。

最近では映画やドラマなどの活動以外でも、島根県の観光プロモーションなどを行う “ご縁フルエンサー” に就任し、自身のルーツのひとつでもある島根県の魅力を発信している玉木さん。ドラマの話からオフの過ごし方、旅の魅力などたっぷりと話を聞いた。

 
▼前ページはこちら!

 

年相応の良さでいいと
思えてから、楽になった

――今回の作品で “人の顔” を常に意識されたと思いますが、これから年齢を重ねていく中で、自分がなりたい顔、理想的な顔などはありますか?

玉木:木と同じで、人間の顔も年輪のように過ごした経年の部分が出てくると思う。女性はそういうふうに感じないかもしれませんが、僕は男なので、そのままでいいと思っています。自然な姿で出られたら、それが味になるのではないか、という想像はしています。なので、キレイに見せようとは全然考えていないです。

それに、若いころとは求められるものが違ってきています。僕は仕事に臨むスタンスとして、きっと相手はこういうものを望んでいるのだろう、というものの妥当なところを探しながらやるタイプ。

俳優という仕事を続けてきて、年相応の良さを見せられればいいと思えた時にすごく楽になったんです。今回の役のような、元気だけじゃない役が増えてきて、その年、その年齢でできる役にすごくやりがいを感じています。求められるものが変わってくるから面白いです。10年後、20年後にはまた違うのだと思います。
 

画像: ジャケット ¥314000、タートルニット ¥114000/ともにゼニア カスタマーサービス(Ermenegildo Zegna) ☎03-5114-5300

ジャケット ¥314000、タートルニット ¥114000/ともにゼニア カスタマーサービス(Ermenegildo Zegna) ☎03-5114-5300

――私生活でも人の表情や顔が気になってしまうようなことは、ありませんでしたか?

玉木:まったく無かったですね(笑)。撮影が終わったら、すぐ切り替えてしまうんです。わりといつもそうなんです。極力、集中するときは集中して、考えないときは考えない。それで、リセットするようにしています。

 
――かなりきっちり切り替わるんですね。オンとオフをうまく切り替えるコツはありますか?

玉木:いつも、予定をギッチギチに入れてしまうんです。だから、仕事が終わったらすぐ次のことをやっているので、自然と切り替わるんです。すぐ替わっちゃいます(笑)。

 
――作品と作品の間などで長期のオフができたとき、ご旅行なんかもされますか?

玉木:よくします! 自然がある場所が好きですね。天気予報を見てちょうど晴れている場所に行く、みたいなこともします(笑)。車の中にキャンプ用品は入れたままなので、思い付きで行って現地でキャンピングしたりします。

 
――アウトドアがお好きなんですね! 玉木さんにとって、旅とはどういうものでしょうか。

玉木:海外旅行に関しては、見たことのないものを見たい、という思いが強いです。写真が趣味なので、カメラを持って行きたくなるような、そういう場所をチョイスしがちです。日本とは規模が違うので、スゲーなこれ!というものがたくさんあります。

映像などで見てスゴイな、と思っていたものも、実際に見るとこんなもんか、というパターンもありますが(笑)。それはそれで、自分で見てみないとわからないもの。それを人に話したりもできますから。僕の旅は基本的にひとり旅なので、旅が終わってから人に話すのも楽しいんです。
 

画像: 年相応の良さでいいと 思えてから、楽になった

――確かに、イメージと違ったとしても、旅の小話として人に話をしたくなりますね(笑)。玉木さんがおすすめする旅のスタイルはあったりしますか?

玉木:僕が必ずやるのは、その街を自分の足で歩いてみること。自分自身で歩き、バスに乗ったり、電車に乗ったりしていると、自然と地理が頭に入ってくる。やはり、歩いているからこそ、見えてくるものもあると思うんです。ただ車に乗っているのとは違う景色が。

もちろん、安全上の問題などもあることはありますが、やはり歩いてみるのが好きですね。だから、海外に行くと8時間以上は散歩です(笑)。

 

NEXT≫「玉木宏の旅の必需品は?」

This article is a sponsored article by
''.