鳥取といえば砂丘。そんな予備知識はあるかもしれないけど、いったい鳥取のことどれだけ知っている? 星の数ほどある鳥取の素敵な秘密を、ここで少しだけ教えます!

 

「鳥取」の由来は?

『古事記』『日本書記』にはすでに「鳥取」という記述があるくらい古い言葉。その昔、この一帯に鳥を捕獲して朝廷に献上する部民「鳥取部」がいたことから、ずっと鳥取と呼ばれてきたのだとか。

 

鳥取県の別名は「星取県」?

県内のすべての市町村から天の川が見え、流星群の時期でなくても流れ星が見えやすい鳥取県。県庁所在地の鳥取市でだって星に手が届きそうなほどの夜空が見られる。そんな魅力を生かして鳥取は只今、「星取県」としてPR中。県の「星取県サイト」ではベストな星空スポットも紹介されています!

※鳥取市は「全国星空観測」(環境省)で1位になったことのある唯一の県庁所在地

 

梨だけじゃない!
隠れたフルーツ王国

「二十世紀梨」卸売数量No.1(※)の鳥取。実は千葉生まれの「二十世紀梨」が鳥取に伝わって100年以上。品種改良も進み、最近では「なつひめ」「新甘泉」などの新品種も人気。スイカ、柿、メロンも特産品なのです。(※)2017年農林水産省の青果物卸売市場調査より

 

カニの水揚げ量日本一!

カニ! と聞いて思い浮かぶのは北海道かもしれないけど、実は日本全国のカニの約半数が鳥取県で水揚げされている。冬の味覚の王者「松葉がに」から、手ごろな価格で家庭の食卓にも並ぶ「親がに」など種類も豊富。毎年秋以降は県を挙げて「蟹取県」に改名してしまうぐらいカニの都なのだ。

 

最高透明度25m!?
紺碧の浦富海岸

鳥取砂丘から車で15分ほどのところにある浦富海岸。一見、地元民で賑わう普通の海水浴場だけど、驚くべきはその水の美しさ! 最高透明度はなんと水深25m、海の底まで見渡せる。砂丘帰りには蒼い海で癒されてみて!

 

砂地だからこそ
美味しい食べ物って?

鳥取砂丘に代表されるように沿岸部は砂地が多い。そんな乾燥した土地を活かして、らっきょう、長いも、白ネギなどの栽培が盛んに。とくに「砂丘らっきょう」は全国に知られ、10月末頃に咲き誇る薄紫のらっきょうの花は砂丘観光の見どころの一つにもなっている。

 

砂丘を守るために除草作業!?

1970年ごろから外来植物が育ち始めた鳥取砂丘。砂丘ならではの美観を保つため、ボランティアで除草作業が行われている。2017年の参加者はなんとのべ8000人超!

 

一度聴いたら忘れない空港名

鳥取には2つの空港がある。その名も「鳥取砂丘コナン空港」と「米子鬼太郎空港」。『名探偵コナン』の作者・青山剛昌(北栄町生まれ)、『ゲゲゲの鬼太郎』の水木しげる氏(境港市育ち)に因んだもの。なんともクリエイティブな県なのです。

 

鳥取の鉄道はノスタルジック度高し

いまや少なくなったディーゼル列車が鳥取ではまだまだ健在。昔ながらの駅舎や鉄道沿線に広がる漁村、山村などどこか懐かしさを感じるスポットが満載。駅弁のレベルも高いのでこちらもお試しを!

 

カレー消費量No.1(※)
その理由は?

共働きが多いから、お財布にやさしいから……一度に作ってたくさん食べられるカレーが鳥取のソウルフードになったという説あり。FRaUでも美味しい鳥取カレーを紹介しているので要チェック。(※)「家計調査」(総務省)より。2015~217年平均の鳥取市の一世帯当たりのカレールウの年間消費量は都道府県所在市で全国1位

 

鳥取には日本最古の
ラブストーリーがある!

毛皮を剥ぎとられた白ウサギを大国主命が助ける有名な「因幡の白ウサギ」の話にはつづきがある。ウサギはお礼の意味も込めて、大国主命が想いを寄せていた八上姫ときっとうまくいくだろうと予言。その通り大国主命と八上姫は結ばれることに。恋を成就させたい人は白兎神社を詣でてみて!

 

\鳥取の魅力をもっと詳しく!/
ウェブサイト【ANA 鳥取多美】へ

\素敵な旅プランをご案内/
ANA 鳥取多美【旅行検索ページ】へ

 
●情報は、FRaU2018年12月号発売時点のものです。
Illustration:Yosuke Yamaguchi Text&Edit:Maki Tsuga

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.