クリスタルブルーの海に浮かぶインドネシア。バリ島を筆頭とする楽園のようなビーチリゾートを訪れる人が後を絶ちません。そんなインドネシア旅行をするなら、ガルーダ・インドネシア航空の利用がオススメ。

同社を利用するメリットや、機内のようす、機内食やアメニティ、女性なら知っておきたいCAのメイクポイントをご紹介します!

【目次】
1. ガルーダ・インドネシア航空の概要&機内をチェック
2. 機内食&客室乗務員の注目ポイント

 

What's
ガルーダ・インドネシア航空?

画像: 提供:ガルーダ・インドネシア航空

提供:ガルーダ・インドネシア航空

航空会社格付け調査を行うスカイトラックス社から、2015年より4年連続で最高評価の5つ星(5スター)の認定を受けている、1949年に設立されたインドネシアの国営航空会社。羽田空港からインドネシアの首都ジャカルタ(スカルノ・ハッタ国際空港)、成田空港からバリ島のデンパサール(ングラ・ライ国際空港)、関西国際空港からデンパサールの3路線は毎日、関西国際空港からジャカルタは週3便、直行便を運航しています。※2018年 12月現在。2019年 3月からは、名古屋~ジャカルタ間も週4便で就航予定。

海外旅行の際に特に気になるのが無料受託手荷物の許容量ですが、ガルーダ・インドネシア航空の日本発着便の場合、無料受託手荷物の個数制限はなく、エコノミーで46kg、ビジネスで64kgまで預けることが可能。無料受託手荷物とは別に、サーフボードなどのスポーツ用品を1人1点23kgまで無料で預けられるサービスも好評です。
 

画像: What's ガルーダ・インドネシア航空?

また、日本からジャカルタ、さらにバリ島や最近注目度が高まっているフローレス島をはじめとするコモド諸島などを訪れる場合、日本発着の国際線とインドネシアの国内線を通しで購入するのがオススメ。

通常、国内線の無料受託手荷物の許容量は20kgですが、国際線・国内線を通しで購入して1枚のチケットとして発券すると、国際線の許容量をそのまま引き継げるため、エコノミーで46kgの荷物を預けることができるんです。インドネシア内で複数エリアを巡る予定がある場合には、覚えておきたい裏技です!

 

エコノミークラスに搭乗!

羽田~ジャカルタ間を運航するエアバスA330-300型機(取材時。2018年 10月28日からはB777-300ER機材を使用)のエコノミークラスのシートは、ユネスコ無形文化遺産にも登録されたバティック(ロウケツ染めの布)からインスピレーションを得た模様の入ったもの。ヘッドレストのカバーや枕のブルーも鮮やかで目を引きます。
 

画像1: エコノミークラスに搭乗!

シートモニターはタッチパネル。画面も大きく、長時間フライトでも多彩なエンターテイメントを満喫できるので、苦になりません。
 

画像2: エコノミークラスに搭乗!

シートモニター下のUSBポートのほかに、コンセントも完備。機内でPCを使いたい時などには便利です!
 

画像3: エコノミークラスに搭乗!

ファーストクラス以外でも、Wi-Fiを有料で利用できます。※ファーストクラスは無料で利用可能
 

画像4: エコノミークラスに搭乗!

フットレストがあるのも魅力!
 

アメニティは、バティックにインスパイアされた柄のポーチ(取材時。現在は柄が異なります。)に入ったソックス、アイマスク、耳栓。ポーチの柄は複数種類あり、どの柄がもらえるかはお楽しみ。何度も搭乗して、いろいろな柄を集めたくなります。

 

NEXT≫「気になる機内食&CAメイク」

This article is a sponsored article by
''.