食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。今回は、漫才コンビの和牛・水田信二さんがオススメする洋菓子。子供の頃から食べていたという逸品です。

 

本髙砂屋のエコルセ

画像: 本髙砂屋のエコルセ

「デパ地下などで売っていて、子供の頃からたまに食べられる特別なお菓子」

水田さんにとって思い出深い一品がエコルセ。神戸・元町の老舗菓子店「本髙砂屋」の看板商品として、昭和45(1970)年に発売。長く愛されているロングセラー商品です。
 

画像: エコルセ<E50> ¥5400(税込) 三角3枚×20包、短冊2枚×30包、丸型2本×34包(ミルクチョコ34本、ホワイトチョコ34本)。ほか、¥540~あり

エコルセ<E50> ¥5400(税込) 三角3枚×20包、短冊2枚×30包、丸型2本×34包(ミルクチョコ34本、ホワイトチョコ34本)。ほか、¥540~あり

三角、短冊、丸型の3種類に生地を巻き上げ、丸型の内側には、ミルクとホワイトチョコが入っています。「薄く焼かれたクレープ生地が層になっていて、甘すぎない味と食感が大好き」と、水田さんもまたエコルセを長く愛するひとり。

パッケージは少しリニューアルを繰り返すも、森の樹をイメージしたデザインはそのまま。上品なデザインで、お土産にも最適です。
 

画像: 本髙砂屋 神戸元町本店の店内

本髙砂屋 神戸元町本店の店内

お店は、全国のデパ地下を中心に約80店舗で展開。スライスアーモンドの「マンデル チーゲル」や、和菓子の「髙砂きんつば」とともに伝統の味をご堪能ください。

本髙砂屋(ほんたかさごや) 神戸元町本店
兵庫県神戸市中央区元町通3-2-11
☎078-331-7367
営業時間:10:00〜19:00
定休日:1月1日

 

PROFILE

画像: 和牛水田の “特別なお菓子” は、本髙砂屋のエコルセ

水田信二 Shinji mizuta
漫才師。漫才コンビ「和牛」のボケ担当。舞台、テレビを中心に活躍中。「M-1グランプリ」にて3年連続準優勝。7年間、飲食店で料理人として働いていた経験もある異色の経歴を持つ。

 
Illustration:YUGO. Composition:Ken Namba

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.