初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、兵庫県を案内していただいたのは、セレクトショップ「archipelago」店主の小菅庸喜さん。

黒豆や栗、松茸など、美味しい特産物が豊富で、四季折々の魅力あふれる篠山市を中心に、神戸市内からドライブするにはちょうどいい加西市、三木市、芦屋市を巡りながら、文化的な兵庫を堪能できるスポットを紹介します。

 

古い郵便局舎を改装した
レトロなカフェ&ギャラリー

colissimo

画像: colissimo

篠山市の中心部から車で約15分。バスは1日3本という、のんびりとした町の中にひっそりと佇む古い郵便局を改装したカフェ。郵便局舎のカウンターやレトロな郵便マークが残る空間で季節の野菜や篠山産の米を使ったランチ(¥1000)などが楽しめる。
 

電話交換室だったという2階は床に美しい大理石を敷き詰めてギャラリーに。展示情報はHPにて。
 

画像: rizm(下記)に集ったアーティストによる写真&音楽集『stardustalbum』¥5000も購入可。

rizm(下記)に集ったアーティストによる写真&音楽集『stardustalbum』¥5000も購入可。

colissimo(コリシモ)
兵庫県篠山市今田町下小野原3-7
☎079-506-3101
営業時間:11:30~18:30
定休日:火・水
http://colissimo.jp

 

幻想的な世界観が広がる
米蔵イベント&ギャラリースペース

rizm

画像: rizm

米蔵を改装したイベント&ギャラリースペース。決して大きな会場ではないが、高木正勝さんや坂本美雨さんなどの著名なアーティストがライブを開催し、地元民との交流を図っている。
 

画像: 光と音がきらめくrizmでの非日常は、忘れられない体験になると話題に。

光と音がきらめくrizmでの非日常は、忘れられない体験になると話題に。

「田舎でも素晴らしい音楽やアートにふれられる空間をつくることができたら」とオーナーの前中久和さん。知る人ぞ知る場所として脚光を浴びている。イベントの最新情報はHPで。
ライブのほかに写真展や個展なども開催される。

rizm(リズム)
兵庫県篠山市今田町下小野原7-2
☎079-506-3101
※イベント開催日のみ営業。詳細はcolissimo HPにて。
http://colissimo.jp

 

知っておきたい兵庫のいろは
基本情報&歴史

画像: 知っておきたい兵庫のいろは 基本情報&歴史

基本情報

面積 約8400㎢
人口 約550万人(2018年時点)
県庁所在地 神戸市

 
歴史

兵庫県域の歴史は古く、比較的早くから農耕が始まり、地域の有力者の存在を示す古墳などの遺跡や銅鏡のような遺物が県内各地から数多く発見されている。平安時代には、平清盛によって都が移され、福原京ができた。周辺は平氏や源氏の軍勢による合戦の舞台になる。1868年に兵庫県が置かれ、伊藤博文が知事になる。1876年、周りの県と統合し、摂津、播磨、但馬、丹波、淡路の5つの国からなる、今の大きさの兵庫県ができた。

 

PROFILE

画像: リノベスポットで楽しむ文化的な兵庫【ローカルと歩く】

小菅庸喜 Nobuyuki Kosuge
「archipelago」店主。埼玉県出身。京都や大阪での生活を経て、2015年に篠山市へ家族で移住。

 
※本記事内の価格は、すべて税込み価格です。
●情報は、2018年12月現在のものです。
Photo:Aiko Shibata Text:Lisa Nagamine Illustration:STOMACHACHE.

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.