世界自然遺産「コモド国立公園」の玄関口であり、ポルトガル語で “花” を意味する名を持つフローレス島。クリスタルブルーの美しい海に浮かぶインドネシアの島々の中でも、特に美しい島の1つと言われるフローレス島は、バリ島とはまた違った魅力を感じられる、インドネシアの注目スポットなんです。

今回は、フローレス島にオープンしたエリア唯一の5つ星ホテル「アヤナ コモド リゾート ワエチチュ ビーチ」をご紹介します。

【目次】
1. プールや多彩なレストラン&バー
2. オーシャンビューのゲストルーム
3. 桟橋から出航するデイトリップ

 

ロビー、レストラン、プール……
すべてが海につながる開放感!

画像1: 提供:アヤナリゾート

提供:アヤナリゾート

インドネシアの首都ジャカルタ(スカルノ・ハッタ国際空港)から飛行機で約2時間30分、バリ島・デンパサール(ングラ・ライ国際空港)から約1時間30分に位置するフローレス島。島の西側にある海に面した崖に沿って佇むのが、2018年 9月15日に誕生した「アヤナ コモド リゾート ワエチチュ ビーチ(以下、アヤナコモド)」です。

インドネシア国内で展開するホテルチェーンであるアヤナリゾートの1つで、日本人旅行者にも知名度・人気ともに高いバリとジャカルタに続く5つ目のアヤナブランドです。
 

画像1: ロビー、レストラン、プール…… すべてが海につながる開放感!

フローレス島のラブハンバジョ(コモド空港)から車で約15分。エントランスロビーはホテルの最上階・11階にあり、屋根はあるものの窓がない開放的な造り。到着と同時に絶景を堪能できる空間です。
 

画像2: ロビー、レストラン、プール…… すべてが海につながる開放感!

海から吹き抜ける心地よい風を感じながら、冷たいウェルカムドリンクを。
 

画像3: ロビー、レストラン、プール…… すべてが海につながる開放感!

ロビーに隣接するかたちで、ロビーラウンジ「MESA Bar(メサバー)」も。ククサン島が浮かぶオーシャンビューを眺めつつ、軽食などを楽しめます。
 

メインプールは屋外のインフィニティプール。そのまま海へとつながるような開放的な眺めが魅力です。
 

画像4: ロビー、レストラン、プール…… すべてが海につながる開放感!

プールにはバーも併設。日中に色鮮やかなスムージー、冷たいココナッツジュース、冷えたビールとともにヘルシーな食事を楽しむのもよし、夕暮れ時にカクテルを片手に美しいサンセットを楽しむもよし。
 

画像2: 提供:アヤナリゾート

提供:アヤナリゾート

ホテルのプライベートビーチでは、カヤック、SUP、シュノーケリングセットをレンタルして、マリンアクティビティを楽しめます。
 

ビーチには新鮮なシーフードを好きな調理法で堪能できるレストラン「Kisik Seafood Restaurant(キシックシーフードレストラン)」も。キャンドルの揺れる灯と海の音に包まれるディナーはロマンティック!
 

リゾートから続く桟橋の先には、ゆったりとくつろげるバー「Naga Bar(ナガバー)」が。海のアクティビティを楽しみながら利用できます。
 

画像5: ロビー、レストラン、プール…… すべてが海につながる開放感!

このほか、アジア料理を中心とした各国料理を提供するオールデイダイニング「RINCA(リンチャ)」、バー「UNIQUE Rooftop Bar(ユニークルーフトップバー) 」、日本食レストラン「HonZEN(本膳)」と、合計7つのレストラン&バーがあり、長期滞在でも飽きずに楽しめそう。

 

NEXT≫「オーシャンビューのゲストルーム」

This article is a sponsored article by
''.