TBSの人気番組「マツコの知らない世界」に2度出演し、紙への愛情と多数のコレクションを披露して話題となったフリーアナウンサーの堤 信子さんが、初の紙のコレクションブックを発売。今まで知らなかった “つつみ紙” の魅力を凝縮してお届けします。

堤 信子 Nobuko Tsutsumi
フリーアナウンサー、エッセイスト、大学の講師という肩書に加え、幼少期からの紙好きが高じて「紙採集家」としての活動を本格的にスタート。TV番組の出演を機に、さらに注目が集まっている。

 

約40年集めてきた「つつみ紙」 
1,046点のコレクションを掲載!

包装紙、紙袋、箱、カフェの紙ナプキンやコースターなど、堤さんが約40年集め続けてきた「つつみ紙」を1,046点も掲載。デザインや紙の質感はもちろん、手に取った年代や場所など、堤さんのこだわりや思いが詰まった数々のコレクションは、芸術品ともいえる美しさです。レターセットやポストカードなどの紙モノ文具コレクションもたくさん掲載しているので、文具好きも楽しめる一冊になっています。

また、捨てられてしまうことが多い包装紙や菓子箱を再利用したアイディアもご紹介。“紙を愛でる” 楽しみと、“紙を活かす” 楽しみのどちらも味わうことができます。これを読むと、つつみ紙のイメージが変わり、「捨てるのがもったいない!」と思うはず。

「堤信子のつつみ紙コレクション」
1,800円+税 B5判 160頁 
玄光社 ☎03-3263-3515(営業部)
https://amzn.to/2P40dog

  

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.