「こんな所に汚れが……」といった見落としがちな汚れスポットや、「ここはどうやって掃除するの?」と正解がわからない場所は家の中に意外とたくさんあるもの。そこで、Instagramで人気のお掃除上手さんに汚れのケア方法を教えてもらいました。新年をキレイな部屋で迎えるために、年末の大掃除前にぜひチェックして。

教えていただいたのは
クリンネスト1級、ハウスクリーニングアドバイザー、クリーニングインストラクターの資格を持つ@___mariagramさん。豊富な知識を活かした掃除テクニックが好評で、現在Instagramのフォロワー数は7.9万人以上。

 

スポット1 オーブンレンジ 

重曹水を作って 
レンジでチンするだけ!
所要時間:約30分(加熱、放置時間を含む)

画像1: 重曹水を作って レンジでチンするだけ! 所要時間:約30分(加熱、放置時間を含む)

【1】レンジ対応の耐熱ボウルに水200mlと重曹大さじ2を入れて軽くかき混ぜます。

画像2: 重曹水を作って レンジでチンするだけ! 所要時間:約30分(加熱、放置時間を含む)

【2】【1】で作った重曹水をレンジの中に入れて5分間温め、温め終わったら扉を閉めたまま15分放置します。

画像3: 重曹水を作って レンジでチンするだけ! 所要時間:約30分(加熱、放置時間を含む)

【3】15分経ったら、レンジ内の汚れをふきんで拭き取ります。

画像4: 重曹水を作って レンジでチンするだけ! 所要時間:約30分(加熱、放置時間を含む)

【4】重曹は水に溶けにくい性質があるので、レンジ内が白っぽくなることも。その場合は、クエン酸水で拭き取ると中和されて拭き残りがなくなります。仕上げに「ドーバー パストリーゼ77 スプレー」を吹きかけ、拭き取ります。

【POINT】 重曹は焦げ汚れにも強いので、重曹を含んだ水蒸気で焦げを浮かせてスルンと落とします。ただ、あまり多く入れると重曹入りの水蒸気が白く残ってしまうので、多く入れればいいというわけではありません。レンジでチンした重曹水は熱いので気をつけてください。

★投稿内容の詳細はこちら>

 

スポット2 洗濯機の柔軟剤投入口

掃除しにくい裏側部分の
カビ取りはオキシ液でパック
所要時間:約2時間15分(放置時間を含む)

画像1: 掃除しにくい裏側部分の カビ取りはオキシ液でパック 所要時間:約2時間15分(放置時間を含む)

【1】下から見上げないと気づかなかったココの汚れ。せっかく綺麗に洗濯しても、最後の仕上げで柔軟剤が出てくる場所がカビだらけだったら……想像するだけでも嫌ですよね(笑)。

画像2: 掃除しにくい裏側部分の カビ取りはオキシ液でパック 所要時間:約2時間15分(放置時間を含む)

【2】40~60度のお湯でオキシ液を濃いめに作り、ウエスにオキシ液の泡をたくさんつけ、汚れた部分に塗布。その後、ウエスをオキシ液に浸して軽く絞り、汚れた部分にぴったり貼り付けるようにします。この状態で2時間パックしますが、途中でオキシ液を足しながら乾かないようにしてください。

画像3: 掃除しにくい裏側部分の カビ取りはオキシ液でパック 所要時間:約2時間15分(放置時間を含む)

【3】2時間経ったら、ふきんで水拭きします。その後、「ドーバー パストリーゼ77 スプレー」を吹きかけて、拭き取ります。

【POINT】洗濯機のメーカーや機種によって、形状はさまざまかと思いますが、この形状の洗濯機の場合、裏側までは見えにくいので、ぜひ掃除してみてください。古くなった歯ブラシ等で細かいところまで洗うのが理想ですが、手軽なオキシパックでもキレイになりますよ。

★投稿内容の詳細はこちら>

 

スポット3 マットレス

ダニの習性を利用して
掃除するのがポイント!
所要時間:約2時間30分(部屋を暗くしておく時間を含む) 

画像1: ダニの習性を利用して 掃除するのがポイント! 所要時間:約2時間30分(部屋を暗くしておく時間を含む)

【1】ダニは夜行性のため、暗くして静かにしていると夜と勘違いしてエサを探しにゴソゴソと動き出してベッドの表面に上がってきます。掃除前に1〜2時間、部屋を暗くしておき、掃除機で一気に吸い取ります。

画像2: ダニの習性を利用して 掃除するのがポイント! 所要時間:約2時間30分(部屋を暗くしておく時間を含む)

【2】掃除機をかけたらマットレスを立てて、しばらく風を当てて湿気を飛ばします。その後、粘着クリーナーでマットレス全体をコロコロします。

画像3: ダニの習性を利用して 掃除するのがポイント! 所要時間:約2時間30分(部屋を暗くしておく時間を含む)

【3】粘着クローナ-で取りきれなかったゴミやほこりを掃除機で吸い取ります。ベッドフレームや床などにも掃除機をかければ掃除完了。マットレスを戻すときは、上下(頭部分と足部分)を逆にするのが◎。マットレスを長持ちさせるコツのひとつだそうです。

【POINT】ダニは明るくてガチャガチャ音がしている部屋ではマットレスの奥の方に身を潜めてしまいます。その状態で掃除機をかけたり、ダニ退治をしようとしても取れないため、暗くして静かな環境にしておくことをオススメします。

★投稿内容の詳細はこちら> 

  

NEXT≫「洗濯機のホース、バルコニーの溝etc.見落としがちな汚スポットの掃除テク」

This article is a sponsored article by
''.