年末が近づいてくると悩みのタネになりがちな大掃除。そんな面倒な掃除がラクになる工夫を、プロ並みのテクニックを持つ人気インスタグラマーに教えてもらいました。台所のスポット別にインスタグラムの投稿を抜粋し、ご紹介します。掃除上手が使用するアイテムにも注目です。

教えていただいたのは
わかりやすい掃除術や収納テクが好評で、フォロワー数5.2万人超えの@mayblue2250さん。なかでもキッチン回りの投稿には、“いいね!”だけでなく質問コメントも多数。最近は、汚れを蓄積しない「予防掃除」に力を入れているそう。

 

スポット1 水栓の隙間

ブラシなどで擦れない
細かい隙間にはフロスを活用 
所要時間:5~10分 

画像: ブラシなどで擦れない 細かい隙間にはフロスを活用 所要時間:5~10分

【HOW TO】ドラッグストアなどで売られている歯間用のデンタルフロスのワックス無しタイプを用意。両手でフロスをピンッと張り、水栓の隙間に入れて、左右(or上下)にゆっくり動かして汚れをかき出します。

【POINT】水栓の隙間の奥がゴムパッキンの場合、ブラシなどの硬いもので掃除すると傷つく可能性があるのでフロスの代用が◎。ただ、フロスを使う場合でも優しく動かすようにしてください。

★投稿内容の詳細はこちら>

 

スポット2 シンク

100円のクレンザーが優秀
水弾きもよく、ピカピカに!
所要時間:15~20分

画像1: 100円のクレンザーが優秀 水弾きもよく、ピカピカに! 所要時間:15~20分

【1】@mayblue2250さんがおすすめするクレンザーは、100円ショップ・セリアの「多目的クレンザー」。油汚れ、焦げ、湯垢、水垢、サビに使え、柔らかく、塗り広げやすいのが特長。

画像2: 100円のクレンザーが優秀 水弾きもよく、ピカピカに! 所要時間:15~20分

【2】水気があまりない方が研磨力が高くなるので、マイクロファイバータオルを少量の水で湿らせ、ステンレスの目に沿って磨いていきます。全体を磨いた後は、水でよく洗い流すだけ。

【POINT】磨いていくとマイクロファイバータオルが黒ずみますが、これは汚れの黒さではないのでシンクの表面に艶が出れば掃除完了。掃除後にコーティングはしていないので水垢がすぐにつきます。定期的なお手入れが大切です。

★投稿内容の詳細はこちら> 

 

スポット3 ガスコンロ

ジェル状洗剤で汚れを
浮き出してから拭き取る
所要時間:30~40分

画像1: ジェル状洗剤で汚れを 浮き出してから拭き取る 所要時間:30~40分

【1】バーナーキャップを取りはずし、119シリーズの「油汚れ落としジェル」(写真はお試しサイズ)を塗布し、綿棒で均一に伸ばす。10分放置し、スポンジで洗い流します。

画像2: ジェル状洗剤で汚れを 浮き出してから拭き取る 所要時間:30~40分

【2】温度センサーまわりはキッチンペーパーを細かくちぎって敷き詰めてから、「油汚れ落としジェル」を少量塗布。10分放置して、キッチンペーパーで擦ります。

画像3: ジェル状洗剤で汚れを 浮き出してから拭き取る 所要時間:30~40分

【3】バーナーリングにも「油汚れ落としジェル」を塗布。隙間に入らないよう、綿棒で伸ばして塗布し、10分放置してからキッチンペーパーで擦ります。

画像4: ジェル状洗剤で汚れを 浮き出してから拭き取る 所要時間:30~40分

【4】もし洗剤が隙間や溝に入ってしまった場合は、歯間用の糸ようじ、もしくは、クリアファイルを挟んだキッチンペーパーで拭き取るのがおすすめ。

【POINT】ガスコンロの故障になりかねないので洗剤類の拭き残しがないよう、しっかり拭き取りを。また、お掃除前には取扱説明書を確認してくださいね。焦げつきは時間が経てば経つほど落としにくくなるので、日を空けずに掃除するのが理想です。

★投稿内容の詳細はこちら>

 

NEXT≫「換気扇の掃除がちょっとラクになる方法とは?」
 

This article is a sponsored article by
''.