先日久々に元同僚達と会い、“組織で働くということ” や “会社の現状” など、あっという間に他人ごとになってしまった、長らく勤めていた古巣の話を聞いていました。
そうそう、そんな事で悩んでいたな、とか、へ~今の若者はそんな感じなんだ、とか。

>最初から読む!

 

「クラゲみたいになりました。」

自分の希望や理想はいったん忘れて、向いている向いてないは自分で判断するのではなく、その時の波に乗ることも大事なんだ。流れに身を任せてみよう、と。(流れに抗うと心が苦しいんですよね、なので楽な方を選んだ、とも言えますが。)

 
その精神で会社を辞めてフリーになってしまいました。

今や鉄の心を持った女子は、海に漂うクラゲのようにふにゃふにゃです。
“先が分からないのは不安でもあるけど、先が分からないから刺激的で楽しいって思えたら、この仕事は最高じゃない?”

偉人の名言っぽく書きましたが、きっとそれは自分自身にも言い聞かせていたであろう、当時まだただの共演者だった夫の言葉です。

さて、フリーになって2年目。今年もまったく先がよめませんが(笑)、心強い家族とともに楽しい一年にしたいと思います。

皆さんにとって、笑いの絶えない一年になりますよう、お祈りしております。

 
「クラゲみたいになりました。」おわり
中村仁美アナ連載㉔「ますます可愛い息子たち」の更新は、2月6日(水)です! お楽しみに!!

 

PRIVATE PHOTOS

画像: PRIVATE PHOTOS

月島での仕事が早く終わり、マネージャーさんと一緒に何年かぶりにもんじゃ焼きを!! 美味しすぎました!

 

PROFILE

中村仁美 Hitomi Nakamura
1979年6月8日生まれ。2002年にお茶の水女子大学生活科学部を卒業し、フジテレビ入社。2011年人気お笑いコンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹さんと結婚。2児の子育てをしている。’17年7月、15年間勤務したフジテレビを退社。現在はフリーアナウンサーとして活動中。

 

▼中村アナ連載 全部読む!

This article is a sponsored article by
''.