食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。今回は、漫才コンビの和牛・水田信二さんオススメの料理漫画。数ある名作の中で水田さんが選んだ作品とは?

 

漫画『おせん』
『おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。』

「面白い料理漫画です。勉強になります」

数あるグルメ漫画の中でも水田さんが絶賛するのが、『おせん』『おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。』です。2009年から2014年にかけて『イブニング』で連載。老舗料亭「一升庵」を舞台に若女将・おせんを中心に綴られる、“真っ当” な物語です。
 

『おせん』¥562(税込)

現代の時代設定ながら、作者・きくち正太さんのタッチも相まって、どこか時代物を感じさせます。天然で飲兵衛、しかし天才的な美的感覚を持つ主人公のおせんに魅了される人が続々。人気を集めました。
 

水田さんが印象に残っているのは、「親子丼は、出来たてより蓋をして時間を置いて余熱で蒸らして卵を固めて食べるのが美味しいという話」だそう。こちらは『おせん』3巻の「第十二話 卵と鶏と丼の粋な関係」に収録されています。

元プロの料理人で漫才師の水田さんが唸った『おせん』が全16巻、『おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。』は全11巻。完結作品なので、これを機に全巻一気読みしてみては。
 

『おせん』(講談社 刊)
『おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。』(講談社 刊)
著者:きくち正太

 

PROFILE

画像: 和牛水田がハマった漫画『おせん』!「面白い料理漫画です。勉強になります」

水田信二 Shinji mizuta
漫才師。漫才コンビ「和牛」のボケ担当。舞台、テレビを中心に活躍中。「M-1グランプリ」にて3年連続準優勝。7年間、飲食店で料理人として働いていた経験もある異色の経歴を持つ。

 
Illustration:YUGO. Composition:Ken Namba

 

▼食いしん坊のイットフード
「FRaU Foodies!」全部読む!

This article is a sponsored article by
''.