古代から連綿とつづく奥ゆかしい歴史と伝統をもちながら、ユニークに進化している山陰。今、新たな風とともに歩きたい5つの旅を絵巻にしたためました。今回は、パワースポットの巻、鳥取編。あたらしい聖地巡礼を、ご一緒に。

 

不思議に満ちた
古代神話の聖地を旅する

神秘のベールに包まれた古代の神社が数多く残る山陰。このあたりで語り継がれる神話の主なヒーローは大国主命です。鳥取市内から約40分の海辺にある「白兎神社」は、ワニ(サメ)に皮をむかれた白ウサギを心優しい大国主が救った伝説が残る神社。

西へ進むと、大国主が国土経営の計画を立てたという大山を御神体とした「大神山神社」が現れます。神話では、大国主は白ウサギが縁を結んだ八上姫と結婚しますが、嫉妬した兄たちに岩を投げられて死亡。その後復活したとされるのが「赤猪岩神社」です。兄たちから逃れた大国主が八上姫と隠れ住んだとされる「大石見神社」もあります。

【其の一】
白兎神社

大国主命と八上姫の縁を結んだ「白兎神」の神社。日本初のラブストーリーの発祥地として「恋人の聖地」に認定。鳥居に投げて上に載れば願いが叶うとされる「結び石」が有名。

 
【其の二】
大神山神社

画像: 【其の二】 大神山神社

奥宮まで自然石の敷かれた参道がつづく。その全長は、約700mと日本一。モンベルが手がける、新しくできた「大山参道市場」で大山名物のGビールや焼きたてパンを味わって。

 
【其の三】
赤猪岩神社

猪に似た真っ赤に焼いた大岩を落とされて落命した大国主命が、見事に蘇生した『古事記』の再生神話の舞台。亥年である2019年の開運八社巡りスポットの一つ。

 
【其の四】
大石見神社

画像: そば道場たたらや「たたら鉄焼き蕎麦御膳」

そば道場たたらや「たたら鉄焼き蕎麦御膳」

大国主命の隠れ家となった神社で、樹齢約600年の大イチョウが佇む。たたら製鉄でも知られる土地で、新しいご当地グルメとして鉄鍋料理「たたらんち」が登場。

 

\鳥取の魅力をもっと詳しく!/
ウェブサイト【ANA 鳥取多美】へ

\素敵な旅プランをご案内/
ANA 鳥取多美【旅行検索ページ】へ

 
●情報は、FRaU2018年12月号発売時点のものです。
Illustration:Shinji Abe Text&edit:Ayaha Yaguchi

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.