生来の人見知り。「初めまして」の瞬間が、とても緊張するという。「犬か猫かで言ったら、絶対犬なんだと思います」と自己分析するその心は、「親しくなれそうなとっかかりが見つかった人には、すぐ尻尾を振ってついていくタイプだから(笑)」。だからこそ、“自分以外の人間になる” ことに、日々刺激を感じているのだそう。

そんな彼女が、2019年3月、デビュー以来二度目の舞台に立つ。『母と惑星について、および自転する女たちの記録』は、母と三人姉妹がたどる “命の旅” の物語。母の突然の死から1ヵ月が経ち、徹底的に放任され、父親を知らずに育った三姉妹は、遺骨を持ったままあてのない旅に出る――。2016年の夏に旧PARCO劇場最後の新作にと立ち上げられたこの作品で、脚本の蓬莱竜太さんは鶴屋南北戯曲賞を受賞した。

待望の再演は、4人のキャストのうち、芳根京子さんとキムラ緑子さんが新キャストに加わることに。2013年、ドラマ『ラスト♡シンデレラ』でデビューし、2016年秋には、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』のヒロインを半年間にわたって演じた芳根さんも、当時はまだ19歳。クランクアップした日が、ちょうど20歳の誕生日だったという。映画にドラマに、“若手実力派” として活躍する彼女だが、舞台に対してだけはずっと苦手意識があった。

 

この作品に今挑戦しなかったら、
もう女優としての先はないと思った

画像1: この作品に今挑戦しなかったら、 もう女優としての先はないと思った

――舞台は、『幕が上がる』以来4年ぶり。その間、舞台に挑戦してこなかったのは、何か理由があるのですか?
 
芳根:『幕が上がる』という作品は、ももいろクローバーZの皆さんが主演で、映画と舞台の両方があって、どちらもすごく楽しくやらせていただいたんです。映画の延長で、演出は本広(克之)さんでしたし、私はそんなに出番もセリフも多くなかった。学園ものだったこともあって、同世代の子たちと楽しくキャッキャやっていたら、いつの間にか終わっていたという感じで……。

舞台は全部で27公演もあったので、終わった時は達成感もありました。でも正直、私にとっては、「この作品で初舞台を踏みました」と言えるほど、“舞台” というものには向き合えなかったことに、後になって気付くんです。

 
――初舞台は楽しかったけれど、それだけでは満足ができなかった?

芳根:はい……。その後も、色々な仕事をしていく中で出会う、魅力的な先輩方が口を揃えて、「舞台は面白いし、鍛えられるよ」とおっしゃっていたんですが、「あれ? 私も舞台をやったけれど、楽しかっただけで、悩んだりもがいたりしていないな」「舞台に病みつきになるとかそういうところまで全然行けていないな」みたいに思って、今度は逆に、舞台に立つことが怖くなってしまった。怯んで、舞台と自分の間に壁を作ってしまったんです。

以来、「舞台の話があるんだけど」ってマネージャーさんに相談されると、考える間もなく首を横に振ってしまっている自分がいました。そんなことが続いたせいか、しばらく舞台のお話からは遠ざかっていたのですが、今回のお話をいただいたときは、頑なな私の気持ちにも変化が生まれていました。

  
――どんな変化があったのでしょうか?

芳根:ずっと、「“怖い” というのは、舞台を断る理由にはならないよ」とマネージャーさんから言われていて、自分でも、何が怖いのか、具体的に説明できなくて、歯がゆかったし、もどかしかったんです。生来の人見知りなので、毎回顔合わせの時に、「初めまして、芳根京子です」という瞬間が一番緊張するんですが、それもあって舞台で人前に立つことに苦手意識があったのかもしれません。

その、舞台との間に壁を作ってしまっていた時期も、映像の現場で出会う先輩方から、「舞台は、早いうちにやっておいたほうがいい。お芝居に対する見方が変わるから」っていうお話を伺う中で、徐々に、「舞台の何が怖いのかも、挑戦しないとわからないな」って思うようになったんです。これから経験を積めば後輩もできるわけだし、いつか私も胸を張って、「舞台っていいよ」って言えるようになりたい。もし、今回の舞台に挑戦して、「舞台はもうできない」って思ったとしても、それならそれで、舞台をやらないちゃんとした理由が見つかるってことじゃないですか。とにかくやってみなければ前には進めないぞと思って、少しずつ、「舞台に挑戦したい」という気持ちに変わってきました。

『母と惑星〜』は、過去にとても評価された戯曲で、演出が栗山(民也)さんで、女性が4人しか出てこない。こんなチャレンジしがいのある作品に今挑戦する気持ちがもてなかったら、もう女優としての先はないと思ったので、すぐ「やってみたいです」と言いました。マネージャーさんもビックリしていました(笑)。

   

NEXT≫「台本を読んでいたら、涙が止まらなくなってしまって……」

This article is a sponsored article by
''.