2019年2月28日、22歳の誕生日を迎える芳根さん。その5日後に、彼女の初主演舞台は幕を開ける。人見知りを自認しながら、お芝居をすることで、自分ではない人間になり切ることで、全く違う人生を体験できることに、苦しみと快感とを見出してきた。

新たに挑戦するのは、「家族とは何か」「女性の生き方とは」といった壮大なテーマを、演者にも見る側にも問いかける骨太の人間ドラマ。舞台で、母の遺骨を抱えて放浪する三姉妹の三女を演じる芳根さんに、実の母とのエピソード、そして旅についての思い出を聞いた。

 

▼前ページはこちら!

 

“初めまして”が
大好きな母のことを
心から尊敬しています

――デビューして5年が経ち、順調にキャリアを重ねていっているように見えますが、女優になってよかったなと思うのはどんなときですか?

芳根:いろんな人の人生を生きられることが、楽しいです、すごく。『海月姫』だったら、オタクになれて、『べっぴんさん』では、娘から母になって、おばあさんになるまでを演じられたので、一回、一生を終えたような感覚があります。そう考えると、私はつくづく、「人生得しているなぁ」って(笑)。

人より長く生きているようなものだし、お芝居で演じた1日が、どんな人生よりも長く豊かに感じられることもある。このお仕事をしていなかったら、私の人生は、ある一定の幅の、一本の道の上を行くようなものだったのが、別次元の道を歩んだり、タイムスリップして、過去の人物のある時期を体験できたり。“人生” とか “時間” というものが、重層的になったんです。

それは、生き方っていう流れの話だけではなく、一瞬で生まれる感情も同じ。私一人の人生なら、ウジウジ悩んで、ふさぎこんでしまうような出来事も、役でなら、傷ついたり、悩んだりしながらも、バッと気持ちが拓けていく瞬間があったり。普段なら緊張して話せないような相手でも、役を通せば、お話ができて、心を通わせることができる。自分でも不思議だなと思うけれど、役を通してでないと体験できない感情がたくさんあって、そこは本当に面白いし、刺激的です。

お芝居の中だったら失礼なことを言っても「これはセリフだ!」って思えば、自分を納得させられる(笑)。普段なら絶対体験できないような強烈な寂しさや喜びや親しみが、お芝居でなら体験できるんです。
 

画像1: “初めまして”が 大好きな母のことを 心から尊敬しています

――舞台は、どんな作品が好きですか?

芳根:9〜11月に北海道でドラマの撮影をしていたんですが、そのドラマに、(京都を拠点とする劇団の)ヨーロッパ企画の方が参加されていて、ちょうどヨーロッパ企画さんの舞台の札幌公演があって観に行かせていただいたんです。それがすごく面白くって。お昼と夜で、別の演目を上演されていて、それも夜の部は新作で、お昼にやる演目の15年後の設定だというので、両方観たら合計で5時間ぐらい座りっぱなしだったのに、全く苦ではなく、ずっと笑いっぱなしで。「こんな面白い方たちと一緒にお仕事ができてるんだ!」と、あらためて嬉しくなりました。

夏には、松坂桃李さんの『マクガワン・トリロジー』という舞台を拝見して、その時は、松坂さんが魂を削りながら、舞台に向き合っている姿に圧倒されました。「私も頑張んなきゃ」って思いましたね。どんな舞台でも、見るたびに影響されます。

 
――お稽古に入る前に、何か準備していることはありますか?

芳根:体調を崩さないようにすることは今回特に意識しています。トマトが大好きで、普段からたくさん食べますし、フルーツが好きで、ビタミンをいっぱいとっているせいか、最近風邪を引かなくなりました。以前は、大切なことがある前日に胃腸炎になったりしていたんですが、今は逆に、常に胃腸炎になる覚悟でいます。「来るぞ」って思ってないときになると、ダメージが大きいので。気持ちにまず保険を掛けるつもりで(苦笑)。

  

NEXT≫「芳根さんのお母様のために作られた “賞” がある!?」

This article is a sponsored article by
''.