SDGs先進国と言われるスウェーデン。中でも南部に位置する都市マルメは、オーガニック食材やサーキュラーエコノミー、ゴミ問題に関する関心が高く、住民による活動が盛んなエリアでもあります。マルメのローカルから未来のありかたを学びましょう。

日本でも古着店は多くありますが、マルメの〈スワップショップ〉はちょっと違います。

画像: 要らないものがお金に変わる⁉ スウェーデンで広がる“サーキュラーエコノミー”とは?

 

不要な服を循環させる
セカンドハンドショップ

冬の間は実店舗を閉めてオンラインショップのみ。2019年は場所を変えてのオープンを予定している。「みんなのインスピレーションスポットになるような店にしたい」

客は不要になった服を持ち込むと、査定後にグリーンのハートのカードをもらう。これはこの店だけで使える “通貨” で、店内にあるアイテムと交換することができる。一つのショップ内で客とモノが循環していくという仕組みだ。

「気がついたらサーキュラーエコノミーをしていた」と笑顔で答えるオーナーのジェーン・ウルソンは、2013年に店をオープンした。サーキュラーエコノミーとは直訳すると “循環型経済”。独自の通貨を作ることで、この店の中でアイテムの価値が回っていく。

服好きが高じて、自分の家はおろか実家にまで服を溜め込んでいたという彼女。その状況を改善しようと最初は服の交換会から始め、ついに店を構えるまでになった。
 

画像: 「自分の中心になっているのは、SDGsのナンバー11のまちづくり、12の『つくる責任 つかう責任』、13の気候変動について。これからの目標は3の健康と福祉、8の働きがいと経済成長、9の産業の項目ね」

「自分の中心になっているのは、SDGsのナンバー11のまちづくり、12の『つくる責任 つかう責任』、13の気候変動について。これからの目標は3の健康と福祉、8の働きがいと経済成長、9の産業の項目ね」

「お店なんてまったくの素人だったけど、自分の生活を見直し、社会をより良くしたいと思って始めたの。この仕事を通して、持続可能な経済とはどういうことか学ぶことができた。自分のワードローブのおかげね(笑)」

ものが溢れるいま、身の回りの服から経済を循環させることができる、そんな好例だ。

SWOP SHOP:https://www.swopshop.se/

 

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。

画像: 不要な服を循環させる セカンドハンドショップ

 
●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Photo:Norio Kidera Coordination:Akiko Frid Text&edit:Chizuru Atsuta

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.