SDGs先進国と言われるスウェーデン。中でも南部に位置する都市マルメは、オーガニック食材やサーキュラーエコノミー、ゴミ問題に関する関心が高く、住民による活動が盛んなエリアでもあります。マルメのローカルから未来のありかたを学びましょう。

ローフードとは、Raw(生の)Food(食べ物)のこと。加熱することで破壊される酵素や栄養素を、生で食べることで効果的に摂ることができるローフードは、いま欧米を中心に人気を集めています。

画像: スウェーデン人のサステナブルな健康を支える、おいしいローフードレストラン

 

“おいしい” ローフードで
効果的に栄養素を摂取する

見た目も美しいベジタブルラップロール。素材はオーガニックかつ、なるべく地元の野菜を使用。メニューのインスピレーションは各国のローカルフードから。

主な食材は、生の野菜や果物、ナッツ、海藻類など。マルメで〈ローキッチンマルメ〉を営むイギリス出身のサイモン・フランシスは、自身がヴィーガンになった際にローフードと出合った。

「もともと料理が好きで、いろいろ調べるうちに見よう見まねで作るようになったんだ」
 

画像: 「ローフードはSDGsのナンバー3の健康と福祉に、店は11のまちづくりと12の『つくる責任 つかう責任』、男女が平等にやっているので5も当てはまると思います」とサイモン(右)。パートナーのシルビアと。

「ローフードはSDGsのナンバー3の健康と福祉に、店は11のまちづくりと12の『つくる責任 つかう責任』、男女が平等にやっているので5も当てはまると思います」とサイモン(右)。パートナーのシルビアと。

まずはベルリンで店をスタートして3年後に、友人に今の場所を紹介してもらい、半年前にパートナーと一緒にこの店をはじめた。

「マルメはヴィーガンでなくても食に関心の高い人が多い。健康志向でオーガニック好きなので受け入れてもらえると思った」

ローフードはストイックで思想優先だと思われがちだが、サイモンの店はきちんと “おいしい” ことが魅力でもある。

「味は何よりも重要です。どんなに健康的でもおいしくなければ意味がない。火を使わないということは、すなわち新鮮な食材しか使えない。だからこそ味を追求できるのです」

RAW KITCHEN MALMÖ:http://www.therawkitchen.se/

 

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、2018年12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。

画像: “おいしい” ローフードで 効果的に栄養素を摂取する

 
●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Photo:Norio Kidera Coordination:Akiko Frid Text&edit:Chizuru Atsuta

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.