SDGs先進国と言われるスウェーデン。中でも南部に位置する都市マルメは、オーガニック食材やサーキュラーエコノミー、ゴミ問題に関する関心が高く、住民による活動が盛んなエリアでもあります。マルメのローカルから未来のありかたを学びましょう。

環境問題にまつわる項目の中でも一位、二位を争う大きな課題といえるのが、プラスチックゴミ問題。一部の企業で合成樹脂製品を廃止する動きもあるが、打ち上げられたウミガメや鯨の腹から大量のプラスチックが出てくるなど痛ましいニュースも後を絶ちません。世間がようやくこの問題に目を向け始めた中で、今できることは何か――。

画像: スウェーデン初のパッケージフリーショップに学ぶ、SDGsの始め方

 

プラスチックゴミを減らす
パッケージフリーショップ

客層はサステナビリティに関心のある人を中心に、小さな子どもを持つ親たちや学生が多い。パッケージフリーに興味を持つ住民も多く、取材当日もボランティアが入っていた。

2016年、イギリス人のローワン・デュルーリーが、スウェーデンで初めてのパッケージフリーショップ〈グラム〉をオープンさせた。もともとスウェーデンでマーケティング関係のコピーライターをしていた彼女が、ある日目にしたのはニューヨーク在住のローレン・シンガーという女性がゴミを出さない生活を実行しているブログ。その中で、彼女の4年間のゴミは小さなガラス瓶に収まるだけ、という内容を見て衝撃を受ける。

「以前からサステナビリティに興味を持っていたけれど、特に何かをしたことはなかった。でもブログを読んで、ニューヨークのような大都市に住んでいる若い女性ができるなら、私にもできるのではと思って。それで、まずは自分の暮らしの中からゴミを減らすために、テイクアウェイのカップを使わないことを徹底したり、シャンプーもプラスチックボトルを使わず、石鹸に切り替えたりするなど、小さなことから実践してみました」
 

画像: 店内には量り売り用の食品がずらりと並ぶ。「店はSDGsのナンバー12『つくる責任 つかう責任』の項目がメインです。それを軸に13の気候変動、14の海の環境、15の陸の環境の項目が関連しています」

店内には量り売り用の食品がずらりと並ぶ。「店はSDGsのナンバー12『つくる責任 つかう責任』の項目がメインです。それを軸に13の気候変動、14の海の環境、15の陸の環境の項目が関連しています」

ゴミを出さない生活をしはじめると、スーパーでなんでもパッケージングされていることが目につき、フラストレーションがたまった。同時にベルリンにパッケージフリーショップがあると知って見に行くと、自分がやりたかったことはこれだと確信したという。

そこからリサーチを重ね、ついにマルメにショップをオープン。2年が経った今では、彼女の考えに賛同する常連客が増え、ボランティアスタッフも集まるようになった。

店に並ぶアイテムはおよそ250種類。ナッツなどの乾物をはじめ、調味料、茶葉、スパイス、ハーブ類、卵、野菜、牛乳など。そして洗剤や石鹸といったハウスホールドプロダクトも揃う。基本的にはすべて量り売りで、パッケージはない。持参した容器や販売しているガラスの瓶に詰めるスタイルだ。
 

画像: 取り出し方を教えてくれるローワン。商品は地元産を積極的に。「チョコレートはここから5分ほどの場所で作っているの。容器ごと持ってきてくれて、店のボトルに入れ替えるから運送後のゴミが出ません」

取り出し方を教えてくれるローワン。商品は地元産を積極的に。「チョコレートはここから5分ほどの場所で作っているの。容器ごと持ってきてくれて、店のボトルに入れ替えるから運送後のゴミが出ません」

ローワンが店に置く商品でこだわるのは、なるべくオーガニックであること。そしてローカルのものを優先する。運送の距離や時間を減らすことで、二酸化炭素排出量を少なくすることも意識している。

「私がやりたかったのは単なるグロサリーショップではなく、自分なりの政治的なステイトメントも兼ねたメッセージ性のある店。ここに集まった人たちがプラスチック問題について意識したり、話し合ったりできる、そんな場を作りたいと思いました」

毎日使うものから、無駄になりそうなものを減らしてみる。身の回りの日用品を見直すことからはじめてみる。世の中を変えるきっかけは、そんなささやかな積み重ねなのだと、この店は教えてくれる。

GRAM:https://grammalmo.se/

 

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、2018年12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。

画像: プラスチックゴミを減らす パッケージフリーショップ

 
●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Photo:Norio Kidera Coordination:Akiko Frid Text&edit:Chizuru Atsuta

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.