世の中には、時代を映す様々な鏡がある。映画も、音楽も、美術も、演劇も。優れた作品が生まれてくるとき、そこには必ず “時代のうねり” が影響するものだ。平成が終わりを告げようとする今、演劇界では、時代の変化の中で揺れる人間の姿をあぶり出すような話題作・問題作が、次々と上演されている。

中でも、2014年、演劇の本場イギリスでも特に権威があるとされるローレンス・オリヴィエ賞の最優秀新作演劇賞を受賞した『チャイメリカ』は、ドラマ『おっさんずラブ』でブレークし、“2018年の顔” となった田中圭さんが出演することでも注目を集める。英国人女性ルーシー・カークウッドが若干29歳の時に発表した今作で、満島さんが演じるのは、田中さん演じる天安門事件に居合わせたアメリカ人ジョーの旧友である中国人ヂァン・リンだ。

 

この3年間は、舞台の上で
自分の肉体と精神を
曝け出す覚悟ができなかった

画像1: この3年間は、舞台の上で 自分の肉体と精神を 曝け出す覚悟ができなかった

――舞台は、野田秀樹さん作・演出の『逆鱗』(2016年)以来です。満島さんは、2010年の俳優デビューも舞台ですし、2016年まではコンスタントに出演なさっていた印象があるので、ずいぶん久しぶりという感じです。

満島:正直言うと、この3年間の僕は、舞台ときちんと向き合える状態ではなかったように思います。物理的には、ドラマや映画への出演が多かったというのもあります。ただ舞台というものは、役者の肉体を通して、その精神性や生活ぶりまでお客さんに見抜かれてしまう。そのくらい取り繕えないものだし、嘘のつけない場所なんです。

『逆鱗』に出たのが26歳ですが、それ以降もいろんなオファーをいただきまして、やりたいと思うものもあった。でも、20代後半になってから、自分の肉体と精神が大人として成熟する部分と、少年のように、鋭くて頑なな部分とがアンバランスで。精神と肉体を曝け出すことが必須の舞台という場所に、ちゃんと立てる覚悟ができなかったんです。

 
――『チャイメリカ』のオファーがあったときは、その覚悟ができたタイミングだったんでしょうか?

満島:オファーを頂いたのは今から1年以上前のことで、その頃はまだ少し迷っていました。戯曲を読んで、すごく面白いと思ったけれど、ここまでの作品と向き合うにはまだ早いかなと感じたり……。ただ、僕は天安門事件の四日前に生まれているんです。天安門事件のあった1989年は、日本では、平成元年なんですよ。

僕はずっと、平成という時代に生まれたことや、自分の中に外国人の血が混じっていることに複雑な思いを抱いていて、社会から疎外されているんじゃないかというような不安と焦りが自分の中にあった。

でも、この作品からは逃げずに、体の中にあるいろんなものを駆使してぶつかってみれば、何か新しい光が見えるんじゃないかという予感がしたんです。だから、お話をお受けしてから、稽古に入るまでの1年間は、日々ちゃんと過ごさなきゃと。今は、2019年が、本当にいい状態でスタートしたなと思っています。

   

NEXT≫「平成生まれのコンプレックスとは?」

This article is a sponsored article by
''.