2013年に英国で初演され大変な評判を呼び、14年のローレンス・オリヴィエ賞最優秀新作プレイ賞を含む5部門を受賞した舞台『チャイメリカ』が、ついに日本で上演される。天安門事件の際、買い物袋をぶら下げたまま戦車の前に立ち尽くす中国人男性=通称タンクマンと、その瞬間を捉えたアメリカ人ジャーナリスト・ジョーのその後を描いた壮大なフィクション。

平成という年号は日本独自のものだが、世界的に見ても、1989年に、世界の歴史は大きく転換した。1989年生まれの満島さんは、20代最後の年に、この作品に出演することに、運命的なものを感じていた。

 
▼前ページはこちら!

   

僕はもともと冒険家気質。
この世界に入る前には
自転車で日本一周の旅へ

――今回の舞台は、満島さんにいろんな発見をもたらしているんですね。

満島:ただ、今は稽古をしながら、ヂァン・リンという役は今まで演じた役とは比べものにならないぐらい難しいと感じています。そこまでセリフは多くないんですが、トラウマと向き合ったり、悲しみと向き合ったり、時代と向き合ったりするような場面ばかり。

でも、役者として生きる面白みは、作品を借りてそういう大きなものと真剣に向き合うことできることでもあると思う。特に舞台は、地球と一緒にリズムを刻んでいくような、人間本来の生活に戻れるような、自分の本能や生理に忠実になれる場所ですね。

映像は、朝でも夜のシーンが撮れるし、後から手を加えれば、いくらでもフィクションをリアルに作り込んでいける。でも舞台では、肉体にしても声にしても、役者の生きてきた人生しか見えない。すべてが、嘘や虚像で取り繕える時代に、数少ない “嘘のない場所” なんです。

どんなに自分を大きく、カッコよく見せようとしても、舞台の上では、虚飾や背伸びや装いは剥がれ落ちて、その人のありのままが全部バレてしまう。お客さんだって、それまで気づけなかった自分に気付けたりする。その日のその時というのを、感じられる場所なんです。

ちゃんと地球とつながる。この日とつながる。自分とつながる。それを確認できる場所が舞台。舞台は、誰もが “人間” に帰れる場所だと思います。そして『チャイメリカ』が内包するテーマは、演じる側だけでなく、観た人も自分の中の“人間としてのあり方”と向き合わざるを得なくなる。そんなパワーを持っているんじゃないかな。 

画像1: 僕はもともと冒険家気質。 この世界に入る前には 自転車で日本一周の旅へ

――お話を伺っていると、満島さん自身がとても野生的な部分を失わずに生きている人であるような気がします。

満島:アハハ。そうですね。もの作りをしているときは、まるでアフリカのサバンナにいるような気分だったりします(笑)。みんなで群れになって、次のオアシスまで生き抜くぞ、みたいな。去年(2018年)、NHKのドキュメンタリー番組でケニアに行ったんですが、ケニアで現地の人たちと移動しながら、まさに、そういう体験をしました。

僕はもともと冒険家気質で、この世界に入る前にも、自転車で日本一周の旅に出たりしていたんです。ケニアでも、「わ、すげぇとこに来ちゃった」という戸惑いは全くなくて、むしろ、「これこれ、この感じ!」って、サバイバルな日々が、すごく自分の生きているリズムにシンクロした。

役者をやっていると、役を通じて、違う時代、違う国、違う文化を体験することができるんですが、僕の舞台との関わり方は、アフリカで仲間たちと生き抜くこととすごく似ている。役者になりたかったわけではないけれど、やってみると、これしかできないじゃんと思ってしまっている自分がいる。人生って不思議に満ち溢れています。

  

NEXT≫「オススメしたいのは“旅行”じゃなくて“旅”」

This article is a sponsored article by
''.