SDGsという目標が掲げられたことで、問題意識は世界中へ拡散! 各国でさまざまなプロジェクトが立ち上がり、賛同した市民が動き出しています。社会を変えるのは身の回りから。小さくも偉大な、その一歩を紹介します。

画像: フード・マイレージを大幅削減、イギリスの大手企業が導入したCNGトラック

 

大手の食材チェーンが導入した、
圧縮天然ガスの輸送トラック

画像: CNGトラックは一度のチャージで約800㎞走行可能。走行中の音も静かなため、騒音対策にも繋がると期待されている。

CNGトラックは一度のチャージで約800㎞走行可能。走行中の音も静かなため、騒音対策にも繋がると期待されている。

食料を輸送する際にかかるエネルギー「フード・マイレージ」を削減しようとする動きは、年々、本格的になっている。そんな中、イギリスの高級食材チェーン店 Waitrose&Partners社が業界を驚かす一大発表を行った。

それは、配送用に圧縮天然ガス(CNG)を燃料とするトラックを導入するというもの。燃料はすべて食料廃棄物とゴミを原料とする再生エネルギーで、2028年までに親会社であるJohn Lewis&Partners社も合わせて、全てのトラックをこのCNG車に切り替えるという。それによって新たに投入されるトラックの数はなんと500台! 

100%リニューアル可能なバイオマス燃料を使用することで、温室効果ガスの排出を削減できるだけでなく、CO2もディーゼル車と比較して80%カット。この切り替えで、毎年4万9000t=イギリスの6000世帯分のCO2削減に繋がるという。大手企業が行うからこそ生まれる大きな効果。商品そのものの品質だけでなく、その商品がどこから、どういった手段で運ばれてきているかも、消費者の購入基準となる時代がやってきている。

CNG Truck:https://www.waitrose.com/

 

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、2018年12月20日に発足した「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。

画像: 大手の食材チェーンが導入した、 圧縮天然ガスの輸送トラック

 
●情報は、FRaU2019年1月号発売時点のものです。
Coordinate:Sachiko Kutsuke Text:Yuka Uchida Edit:Yuka Uchida

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.