“アングラ演劇” などという言葉を耳にしたところで、それがどんなものか、イメージできる人はもう少ないかもしれない。今から50年以上前。1960年代中期から、1970年代にかけて生まれた、見世物小屋的要素の取り込まれた舞台表現。

当時、“アングラ演劇の旗手” と呼ばれた唐十郎さんが、34歳の時に書いた戯曲が、『唐版 風の又三郎』である。1974年には、唐さんの率いる劇団状況劇場が初演し、現代劇の公演をテントで行うという新たな発想で、60年代から演劇界にニューウェーブを起こした。宮沢賢治の童話『風の又三郎』をモチーフにしながら、ファンタジックでスペクタクルな世界が展開していくこの舞台は、当時、圧倒的な熱狂の元に迎えられたという。

昭和の紅テントから、平成のシアターコクーンへ。アンダーグラウンドではない場所で上演される2019年度版の『唐版 風の又三郎』で、柚希さんは、窪田正孝さん演じる青年「織部」を、自分の恋人を探し出すために利用しようとする、ホステスの「エリカ」を演じる。

 

カラッとしているように
見られがちだけれど、
私の奥底にも、
情念はあるかもしれない

画像1: カラッとしているように 見られがちだけれど、 私の奥底にも、 情念はあるかもしれない

――45年前に生まれた、いわゆる “アングラ演劇” と、宝塚出身の柚希さんの組み合わせは、とても新鮮です。今回は、どういった経緯で出演することになったんでしょうか?

柚希:私、今年が芸歴20周年なんです。宝塚で初舞台を踏んで20年、様々な役柄を演じてきましたが、芸歴20周年を迎える年には、ぜひ、新たに挑戦できる作品に出演したいと思っていました。

お話をいただいたのは、ちょうど、自分にとってのメモリアルになる作品は何だろうかと、いろいろ探していた時期でした。ただ正直、出演を決めるまでには、葛藤もありました。台本を読んでも、「これはどうやって演じるんだろう?」「この世界観をどうやって表現するんだろう?」といくつも頭の中に “?” が浮かんでしまって(苦笑)。とにかく私の理解の範疇を超えていたんです。

でも、だからこそ、未知なる領域に足を踏み入れることができるかもしれない。見たこともない景色に出会えるかもしれないと思って、“やってみよう” と決意しました。今は、これまで共演したことのないような方々に囲まれて、右も左も分からない、手も足も出ないような状態ですが、いろんな方に助けていただきながら、お稽古をしています。

 
――あらすじを読んだだけでも、自然と超自然、生と死、過去と未来……、世の中にある様々な概念を超越したような、不思議な印象を受けます。柚希さんは最初、『唐版 風の又三郎』の内容については、どんな説明を受けたんですか?

柚希:顔合わせの時、演出の金守珍さんからは、「ファンタジックホラーです」と説明されました。お稽古をしながら、アングラ演劇に関するレクチャーも受けているんですが、戦後の反体制主義、反商業主義などが根底にあって生まれた演劇だと伺って、当時の演劇のエネルギーは相当のものだったんだな、と。

『唐版 風の又三郎』には、ギリシャ神話や、シェイクスピアの『リア王』のモチーフなども盛り込まれているけれど、その一方で、当時の流行歌もそのまま流れたりして。混沌としたイメージなんですが、その全てが、私にとっては新鮮です(笑)。あとは、すごく日本的な情緒を感じますね。情念というか。 

  

NEXT≫「今回の役どころは、手に負えない人!?」

This article is a sponsored article by
''.